社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「認知症予防に有効なトレーニング。報酬期待が高まると脳は活性化する」

20160811m

 先日、元宮崎県知事の東国原英夫さんがテレビで母親の介護の実態を話していました。88歳のお母さんが認知症になり、「介護されるなら死んだほうがましだ」と叫びながら暴れる母の手足を縛ったこともある、と告白していました。

 58歳になる東国原英夫さんが88歳の母親の面倒をみているとおり、これからの日本では「老老介護」が当たり前になると思われますが、認知症になると介護する側も大変です。

 認知症には絶対的な予防法はありませんが、「こうすればなりにくい」という目安はあります。

「野菜・果物・魚を食べる」

「週3日ほど有酸素運動をする」

「人とおつきあいをする」

「文章の読み書きやゲームをする」

「起きたら2時間以内に太陽の光を浴びる」

「趣味を増やす」

 ちなみにお酒もポリフェノールが含まれている赤ワインが効果的とされています。

 また、認知機能の低下を防ぐために、あえて2~3日前の日記をつけたり、料理の際には同時に複数のメニューを作るといった作業もオススメです。

 では、ここで質問です。指先を動かすことで脳が活性化するのは知られるところですが、「折り紙」と「麻雀」とでは、どちらがより認知症予防に効果的でしょうか。

 まず折り紙ですが、「細かく手を使う、やるたびに上手になる、新しいモノを作る」といった作業はもちろん認知症予防に威力を発揮しますが、麻雀と比べた場合の大きな違いは、「報酬」すなわち「ご褒美」にあります。

 仕事について考えてもらえばわかりやすいですが、金銭という対価が支払われると言われると、不思議と企画やアイデアが湧いてきます。人間の脳とはある意味わがままで、報酬を求めるようにできています。

 つまりご褒美がたくさんあればあるほど、脳が活性化されるのです。そういう脳の機能を考えれば、やり取りを楽しめる麻雀のほうが、認知症防止につながるのです。もちろん多額の金銭を賭けると違法ですが、トップになった人がお酒をおごってもらえる、などの報酬があれば「頑張ろう」という意欲が湧き、モチベーションが高まるわけです。

 もう一つ、麻雀には「役を作る」というおもしろさがあります。同じ役でも平和と清一色では気持ちよさが違いますし、役満を上がった時のうれしさは格別なもの。「役」としての芸術性が、ゲームとしての完成度を高めています。

 最近は「(酒を)飲まない」「(タバコを)吸わない」「(お金を)賭けない」という健康麻雀が人気となっていますが、純粋なゲームとしても麻雀に魅力があるからこその人気だと思います。

 もちろん、折り紙も認知症予防に効果があるのは言うまでもありませんが、より脳を活性化させる、という点で考えると麻雀に軍配が上がります。

 また、指先で牌を見極める盲牌にもチャレンジすると、神経も集中されて認知症予防の効果も増します。なぜなら盲牌は点字と同じ理屈であり、盲牌が高じて点字に興味を持つと、指先による脳の活性化を促進させるでしょう。

 折り紙や麻雀のほか、将棋やオセロ、ジグソーパズル、写経、絵画、パソコン、そろばん、楽器演奏なども、「神経が集中している指先を使いながら脳で考える」点が認知症予防に向いており、ひいてはボケ防止につながるわけです。

 認知症にならないためにも、年を取ったら「指先を使った新たな趣味」にチャレンジすることをオススメします。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え