スポーツ

あのスターを生んだ夏の甲子園(2)工藤公康の奪三振ショーを打ち破った報徳学園の秘策

20160810kudou

 昨シーズンから福岡ソフトバンクホークスの監督として指揮を執る工藤公康。通算29年にも及ぶ現役生活で積み上げた勝ち星は224。持ち玉は主にストレートとカーブの2種類だけだったが、高校時代の工藤はまさにそのカーブ(当時、“懸河のドロップ”という時代的表現で形容された落差のある大きな芸術的カーブ)をウイニングショットに甲子園で大暴れした。81年夏の選手権である。

 その甲子園デビューは鮮烈で、初戦の長崎西戦で16奪三振のノーヒットノーランという快挙を成し遂げた。また、ノーヒットノーランだけなら8年ぶりの達成者だったが、74年に金属バットが導入されてからは初の記録。まさに歴史に残る快投だった。

 続く北陽(現・関大北陽=大阪)戦でも工藤の左腕は冴え渡った。試合は1-1の投手戦で延長戦に突入し、延長12回裏に2-1で劇的なサヨナラ勝ちを収めるのだが、なんと5回を除く毎回の21三振を奪ったのである。

 準々決勝の対志度商(現・志度=香川)戦でも12奪三振。3-0の完封劇でベスト4進出を決める。

 そして、迎えた準決勝。相手はこの大会の3回戦で“甲子園のアイドル”早稲田実(東東京)の荒木大輔(元ヤクルトなど)を打ち込んだ超強力打線が自慢の報徳学園(兵庫)。その中心にいたのが、エースで4番の金村義明(元近鉄など)だった。試合の争点は工藤の大きなカーブを報徳打線がどう攻略するかに集まったが、報徳打線の工藤対策は用意周到だった。なんと各打者が打席の一番前に立ち、工藤得意のカーブの曲がりっぱなを積極的にセンター返ししてきたのだ。さらに準々決勝からの連投でカーブの落差がなくなり、気力でも圧倒された。結局、マークしていたはずの金村には4打数3安打1打点と圧倒され、1-3で敗退。決勝進出はならなかった。

 惜しくも優勝はならなかったものの、4試合で工藤が奪った三振は39イニングで56個。その際立った快投は高校野球ファンの目をクギ付けにさせた。大会前はさほど注目されていなかった左腕が一躍全国区へ。のちの記録にも記憶にも残る大投手への足がかりを掴んだ大会となった。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」