スポーツ

あのスターを生んだ夏の甲子園(2)工藤公康の奪三振ショーを打ち破った報徳学園の秘策

20160810kudou

 昨シーズンから福岡ソフトバンクホークスの監督として指揮を執る工藤公康。通算29年にも及ぶ現役生活で積み上げた勝ち星は224。持ち玉は主にストレートとカーブの2種類だけだったが、高校時代の工藤はまさにそのカーブ(当時、“懸河のドロップ”という時代的表現で形容された落差のある大きな芸術的カーブ)をウイニングショットに甲子園で大暴れした。81年夏の選手権である。

 その甲子園デビューは鮮烈で、初戦の長崎西戦で16奪三振のノーヒットノーランという快挙を成し遂げた。また、ノーヒットノーランだけなら8年ぶりの達成者だったが、74年に金属バットが導入されてからは初の記録。まさに歴史に残る快投だった。

 続く北陽(現・関大北陽=大阪)戦でも工藤の左腕は冴え渡った。試合は1-1の投手戦で延長戦に突入し、延長12回裏に2-1で劇的なサヨナラ勝ちを収めるのだが、なんと5回を除く毎回の21三振を奪ったのである。

 準々決勝の対志度商(現・志度=香川)戦でも12奪三振。3-0の完封劇でベスト4進出を決める。

 そして、迎えた準決勝。相手はこの大会の3回戦で“甲子園のアイドル”早稲田実(東東京)の荒木大輔(元ヤクルトなど)を打ち込んだ超強力打線が自慢の報徳学園(兵庫)。その中心にいたのが、エースで4番の金村義明(元近鉄など)だった。試合の争点は工藤の大きなカーブを報徳打線がどう攻略するかに集まったが、報徳打線の工藤対策は用意周到だった。なんと各打者が打席の一番前に立ち、工藤得意のカーブの曲がりっぱなを積極的にセンター返ししてきたのだ。さらに準々決勝からの連投でカーブの落差がなくなり、気力でも圧倒された。結局、マークしていたはずの金村には4打数3安打1打点と圧倒され、1-3で敗退。決勝進出はならなかった。

 惜しくも優勝はならなかったものの、4試合で工藤が奪った三振は39イニングで56個。その際立った快投は高校野球ファンの目をクギ付けにさせた。大会前はさほど注目されていなかった左腕が一躍全国区へ。のちの記録にも記憶にも残る大投手への足がかりを掴んだ大会となった。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”