芸能

俺たちを焦がした「夏のいいオンナ」!(2)<原久美子・ブリヂストン>腰骨ド派手ハイレグでオーディションを突破

20160818_25o

 むせ返る暑い夏に一服の清涼剤となるのが水着美女。90年にブリヂストン、91年にはキリンビールのキャンギャルを務め、男心をワシづかみにした原久美子(45)が、あの夏の経験を語る。

「当時のキャンペーンガールは小麦色の肌でいるのが一番だったので、今では考えられないくらい果敢に日焼けしました。水着も大胆で、腰骨の上まで切れ込んだハイレグも当たり前のように着てましたね」

 当時はバブル末期。誰もがド派手な水着を着ていた時代だった。

「オーディションにはいつも水着を何着か持参し、控え室で周りの子と被らないように目立つものを選んで着ていました。特に覚えているのがハイビスカス柄の夏っぽいワンピース。胸パッドが入っていなくて、透けはしないですけど体のラインがそのまま丸見え。今考えても『よく着られたな~』って思います(笑)」

 キャンギャル時代は、鈴鹿サーキットでセナ、プロストなどの熱いF-1バトルを目撃したという華やかな思い出もある。しかし、

「それ以外は意外と地味でしたね。ブリヂストン時代は月に20日間、地方のガソリンスタンドを巡ったり、キリンビール時代は、水着姿でビアガーデンのイベントもありました」

 こうした地道な仕事が実を結び、グラビアや写真集へと仕事の幅を広げた。

「撮影で行った南の島で、おなかのあたりを2カ所、蚊に刺されてしまったんです。今ならデジタル修整が簡単にできますが、当時は修整をすると莫大な費用がかかると言われて‥‥。写真集には、虫刺されの跡が残ったカットが収められました(苦笑)。他にも顔にサンオイルを塗って撮影した翌日、真っ黒に焼けた顔の皮がペロッとはげちゃったことも。あれだけ日焼けしたのに、よく肌が無事に戻ったなぁーと(笑)」

 体を張ったキャンギャルの仕事を手土産に、その後は女優に転身。現在はドラマに出演するほか、旅行番組などでも幅広く活躍している。

「特にアウトドアが得意なわけではないんですが、カメラが回ると不思議と適応しちゃうんですよね。カナダでのキングサーモン釣りは、体力的に一番キツかったです。1メートルを超す獲物がサオに掛かった瞬間、スタッフはカメラに映らないように私の周りから逃げるんです。何度も船から海に落ちそうになりながら格闘すること30分、ようやく釣り上げることができました。おかげで翌朝は全身筋肉痛でしたけどね」

 色あせない“夏の思い出”は、現在も自宅に保管してあるという。

「思えば高校2年生の夏、江の島でスカウトされた時も水着でした。その時の水着を含めて、キャンギャル時代の派手な水着100着は捨てるに捨てられず、今でも2つの箱に入れて取ってあります」

 お宝ボックスを開ければ、艶姿がよみがえる!

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談