芸能

2016年夏場所「輝く!有名人スキャンダル大賞!」(2)高知東生はある意味三冠王なんだよね

20160818_25z2nd

 こっち、行こうぜ。

 全然進まない(笑)。

 ハンカチ王子に話を戻すと、タカってたのがベースボール・マガジン社っていうのがいい話ですよね。

 そんなに儲かってるもんなんですか?

 昔は「週刊プロレス」がベーマガの全ての雑誌の赤字分を埋めていた。ターザン山本が1人で稼いでたんだよ。

 今は会社が社屋も手離してるぐらいの状態の時に、こんなことやってるのかっていうのもあるし、かつてSWSを「金権プロレス」と言ってさんざん叩いた会社が、こんなことやっていいのかと(笑)。

 そうなんだよ。でも、金権プロレスったって、ターザン山本だってジャイアント馬場からお金、もらってたんだから。

 SWSからももらって。

 ベーマガには、ごっつぁん体質があるんだよ。

 正社員にあれだけシブチンな会社もないよ。活字プロレスブームを作った編集長・ターザン山本に対して、あれだけ部数を伸ばしても、全然、ボーナスも給料も上げなかったんだから。それをたかが二軍の選手にさ、ポルシェはないよなあ。

 高知東生が覚醒剤&大麻で逮捕。

 この前、たけしさんから着信が入ったからまた何をしくじったかな? と思ってアル北郷に確認したら、「『週刊文春』に高知東生の女が昔、タレントのBとつきあってたって書いてあるんだけど、あれって俺か?」って聞いてきたって。

 それ、先に(記事中に)Aがいたから、Bなんだよ(笑)。

 タレントのBって。たけしさんのことBって略し方しないと思うんだけど。

 しかも69歳になってさ、そういうレースクイーン崩れみたいになった人とヤッたかヤッてないか、覚えてないという(笑)。

 アルファベットでいうと「週刊新潮」がこのニュースを取り上げた時に、高知東生のこと「B級タレント」って書いてたんですよ。ものすごい失礼な記事(笑)。

 いや、B級タレントに失礼だって(笑)。

 ホント、高知東生に関しては誰もかばわない。

 やっぱり人柄ですか?

 俺たちがいちばん怒ってるのは、たかじんさんの番組に高知東生と江頭2:50が出た回があって、エガちゃんがいつものように「高知東生にもの申ーす」「高島礼子と結婚したお前~」ってやったの。そうしたら高知東生が、「オイ、お前! 真面目に言ってるのか? 顔貸せ!」ってなったの。まあムカついたよ。そういう人なのよ。

 まあ、基本がアウトローの人ですからね。

 とにかく「兄貴」って、誰でも兄貴なんだよ。「兄貴のところでちょっと盃交わしますか」みたいなさ。

 盃外交だな。

 そういうことを言ってるのが好きな人?

 不良から出てAV業界に行ってる人だから、まあ完全にそっちなんですよ。

 だけど、この覚醒剤と大麻でもう二冠王で、それで不倫もやってるから三冠王なんだよね。

 今年の話題を全部1人でやってますよ。

 でも、モノがいいんですよね? 確認した人、いないんですか。

 そこはやっぱ、ヤラれた女じゃないとわかんない。

 元AV女優のあいだももに聞けばいい。

 前妻。

 いや“前菜”なんかじゃないよ、あれはメインディッシュだぜ(笑)。そっちの前菜じゃねぇって。

 いやホント、あいだももはいい女だったなぁ。

 離婚しましたけど、高島礼子がなぜか株上げてたのが不思議だったけど。

 代表作が「極道の妻たち」(東映ビデオ)でしょ。だから、「ああ、苦労して」「それでも凛としていてステキね」みたいなことで、現実と一致しちゃうのかな?

 だけど、あれだけ尿検査をするかしないかっていうのが話題になることって。

 久しぶりですよね、国生さゆり以来の尿検査。

 国生さゆり以来。それで高島礼子の尿検査で黄桜が出たっていう。

 うまいねえー。黄桜が出たの? おしっこから。それはルンパッパだね。

 いろんなところで聞かれるのが「大河主演級超大物俳優逮捕目前」って誰ですか? って。

 いやあ、これはまことしやかに書かれてるよ。

 その人、暴力方面じゃなくて、そっちで騒がれるとは思わなかったですね。

 何かもうデフォルトみたいになってるけど(笑)。

 「ドSといえば‥‥」みたいな。

 わりとスキャンダル大賞の会話では出てくる。

 もはや基礎知識。

<座談会参加者>

宇:宇多丸(RHYMESTER) 吉:吉田豪 水:水道橋博士(浅草キッド) 玉:玉袋筋太郎(浅草キッド)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
5
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス