スポーツ

あのスターを生んだ夏の甲子園(11)大阪桐蔭・浅村栄斗は5打席連続安打で鮮烈デビュー

20160818asamura

 08年のドラフト会議で西武から3位指名され、入団。そのシュアな打撃と軽快な守備でチームの主力に成長した浅村栄斗。今や4番も任されることが多いが、そんな浅村は08年に大阪桐蔭が2度目の夏の甲子園優勝を果たした最大の殊勲者でもある。

 最後の夏となった08年。浅村は1番・ショートで予選の北大阪大会に出場(この年は記念大会で大阪からは2代表が甲子園に出場出来た)。7試合で4割7厘、2本塁打、7打点を記録。4番に座る萩原圭悟と並ぶスラッガーとして大会前から高評価されていた。

 その本番。初戦の日田林工(大分)戦から浅村のバットは火を吹く。第3、4打席で右へ左へ連続二塁打を放つなど、実に5打席連続安打をマークしたのだ。これは大会記録の1試合6安打にあと1本と迫る大活躍だった。打点も2を記録し、16-2とチームの大勝発進の立役者となったのだ。

 2回戦の金沢(石川)戦は一転して苦しい試合となった。延長10回裏に6-5のサヨナラ勝ちを収めるのだが、1点差を追う8回裏2死から、2回裏に続くこの試合2本目となる起死回生の同点本塁打を放ったのが浅村だった。いずれも難しい内角球を左翼席に叩き込み、勝負強さを示したのである。

 続く東邦(愛知)戦と報徳学園(兵庫)戦はともに4打数1安打。だが準決勝の横浜(神奈川)戦ではプロ注目の好左腕・土屋健二(元・DeNAなど)から3安打を放つなど、決勝戦進出の牽引役となったのだった。

 その決勝戦。常葉菊川(静岡)という強敵相手にチームは17-0と大勝。この試合でも5打数3安打と活躍した浅村はこの大会で通算29打数16安打2本塁打4打点、打率5割5分2厘という高打率をマークした。中でも16安打はこれまでの大会記録19安打まであと3と迫る猛打ぶりだった。

 打撃だけが目立ったが、守備でも軽快なプレーでチームを盛り立てていた。2回戦の金沢戦では10回表にセンターへ抜けようかという打球を好処理して一塁へノーバウンド送球。決勝の常葉菊川戦でも7回裏無死二塁で投手のグラブをかすめた打球を素早くバックアップし、三塁でアウトにする美技を見せている。プロ入り後は捕手を除く全ポジションをこなしている浅村の守備センスは高校時代から卓越したものがあったのだ。

(高校野球評論家・上杉純也)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ永島優美、激し過ぎる本格ダンスでやっぱり見えちゃった“バストの奥”!
2
鷲見玲奈のジム動画、「バーのバスト食い込み」に「ヒップの張り」も鮮明だった!
3
畠山愛理も霞む”Eバスト”!NHK副島萌生の「色香滴り」衣装にネット騒然
4
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
5
「三角」はイヤ!西野七瀬「水着嫌い」告白にファンから逆に歓喜の声