エンタメ

早世のマドンナたち③ 夏目雅子 死の12年後に公開された幻のヌード秘話(2)

いつの日か写真集を出したい

 78年10月にスタートした「西遊記」(日本テレビ)は、雅子の美貌をさらに世に知らしめた。三蔵法師を女優が演じるというのも初めてのことだったが、後の牧瀬里穂や深津絵里など、すっかりスタンダードになっている。

 そのドラマの直前に公開された「トラック野郎・男一匹桃次郎」(77年/東映)で、雅子は6代目マドンナに抜擢されている。監督の鈴木則文は、その理由を「一目惚れだった」と明快にする。「化粧品のポスターが人気があって、写真を見て僕が『この子!』って言ったんだよ。まだ芸能界ズレしていないし、映画もこれが初めてだったから、カチンコを触っては珍しがっていたね」

 主演の菅原文太や愛川欽也にもかわいがられ、少しずつ演技にも成長が見られた。雅子は本名でのデビュー作だったドラマ「愛が見えますか」(76年/日本テレビ)では、実に「57回連続NG」という胃が痛くなるような経験をしている。この「トラック野郎」でもNGは少なくなかったが、とらえ方は違った。

「NGを何回やっても悪びれず堂々としていたよ。僕が書いたシナリオでは役名も『小早川雅子』で同じ名前だったんだけど、それを聞いて素直に『頑張るわ!』って言ったから」

 70年代の邦画界において、シリーズにマドンナが登場するのは松竹の「男はつらいよ」、そして東映の「トラック野郎」だった。いずれも物語の重要なカギを握るが、その選出は違ったと鈴木は言う。

「演技力や世間的な実績が必要とされるのが『寅さん』のほう。こっちは素人でもいいから旬な人を起用したい。極端に言えば、写真1枚が輝いていればいい」

 結果的に鈴木は、夏目雅子という女優は東映に合っていたと分析する。松竹のヒロインは「理論的なキャラクター」になってしまうが、芝居のメリハリから言えば東映のほうが向いている。それは、後に「鬼龍院花子の生涯」82年/東映)という渾身の傑作が生まれたことでも明らかだ。

「あの若さで死ぬなんてびっくりしたよね。もう少しで大女優になるだろうって思っていたから」

 さて再び写真家の田川清美の回想である。田川は初CMの後も、誰に頼まれるともなく雅子を撮り続けた。映画やドラマのロケ地を訪ね、撮影の邪魔にならないようにシャッターを切り続けた。

 やがて田川は、雅子に「いつの日か写真集を出したい」と打ち明ける。81年のことである。

「雅子ちゃんが甲状腺の手術(バセドウ病によるもの)を終えて間もなく、横浜のレストランでお願いしたよ。今すぐというわけではなく、5年、10年と撮りためて完成させようって」

 雅子は、この申し出を快諾する。ただし、その完成品を見ることはなく逝ってしまうのだが‥‥。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
2
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
3
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
4
水川あさみと年下イケメン俳優の「同棲交際」、3年以上前から始まっていた!?
5
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?