芸能

嫌がるどころか自ら…土屋太鳳が高畑裕太のボディタッチ攻撃を手玉にとっていた!

20160829tsuchiya

 婦女暴行容疑で逮捕された高畑裕太容疑者。かねてから芸能界では要注意人物としてマークされていたようで、NHK朝ドラ「まれ」で共演した清水富美加は、面と向かって「私、高畑クンのこと嫌い」と宣言したと明かしている。ところがそんな高畑容疑者をまったく苦にしない女優がいたというのだ。テレビ誌のライターが説明する。

「それは『まれ』のヒロインだった土屋太鳳です。昨年12月27日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)にて土屋は、高畑とふたりでバッティングセンターを訪問。そのロケでは過剰にボディタッチされたり、いきなりハグされても動じることなく、むしろ高畑をタジタジさせるシーンもあったほどです」

 このロケでは高校球児だった高畑が野球を教える役で出演。冒頭から181センチの巨体で覆いかぶさるようにハイタッチを迫るものの、土屋はケラケラと笑いながら対応した。やたらとボディタッチされても逆に高畑の腕に触りながら、「普通でいいから!」と諭すなど、1歳下とは思えない落ち着きで手玉に取っていたのである。

 さらに、土屋がホームランを打ったという演技では、飛び跳ねる彼女にいきなりハグを迫るシーンも。ところが土屋は嫌がるどころか、自ら高畑の首に腕を回して喜びを表現したのだ。これには高畑も面食らったのか、土屋の背中に回していた腕の力を弱めたのである。そんな場面を見たスポーツ系のライターはこう語る。

「土屋は体育大学の現役学生で、運動神経の良さは元球児の高畑がタジタジとなるほど。ロケでは鮮やかな180度開脚を披露したほか、9つの的に投球を当てるストラックアウトではストライクを連発し、高畑に勝っていました。その姿を目の当たりにした高畑は、『彼女にはかなわない』とビビッてしまったんでしょうね」

 自分より優れたフィジカルを持つ土屋には手を出せなかった高畑。その姿はかえって、弱い女性を相手に卑劣な犯行に及んだことの悪質さを際立たせてしまったようだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
2
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
3
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
4
浜崎あゆみ「暴露本」では語られていない“本当にヤバい過去”
5
“デキ婚”とは言わせない!サラブレッドハンター滝川クリステルの威光ぶり