芸能

「今頃出てこないで!」河合奈保子の写真集復活に現役の“お直し”グラドルが悲鳴?

20160831kawai-2

 伝説のバストが35年ぶりに復活! 1980年代にトップアイドルとして活躍した河合奈保子の写真集が8月31日に発売される。すでにネット書店ではアイドル写真集ランキングの上位にランクインしており、水着からハミ出そうな迫力バストがオールドファンのみならず、現代のマニアからも支持されているようだ。ベテランの芸能ライターが懐かしい表情で語る。

「今ではアイドル界にもバスト自慢が珍しくありませんが、当時は彼女のバストだけが突出して大きく、芸能人水泳大会では誰よりも注目を集めていたものです。本人は胸のサイズに悩んでおり、バスト85センチと控えめな公称値でしたが、実際にはHカップ・93センチ程度だったと思われます」

 今回の写真集は1980年代のアイドル専門誌に掲載されたグラビアを再構成したもので、日焼けした水着カットの多さは現在との違いだろう。そんな懐かしのグラビアに対して、一部の女性タレントからはこんな恨み節が聞こえるというのだ。グラビア誌の編集者がこっそりと耳打ちする。

「これと比べられると私たちの胸が怪しまれる、という愚痴が聞こえてくるのです。河合のバストが100%天然ものなのに対し、医療技術の進んだ21世紀ではバストをお直ししているタレントは珍しくありません。またフォトショップなどが存在せず、少々ユルめのお腹がそのまま写っているところにも、むしろナチュラルな魅力が発揮されています。だから河合の写真集を見たあとに21世紀のグラビアを見ると、不自然さが目に付くケースも出てくるでしょうね」

 もちろん現在においても、天然もののスーパーボディを誇る女性タレントは大勢いるはずだ。そんな彼女たちのお腹周りが少々ユルくても、河合のグラビアと見比べればそれが自然な姿だと受け止めるキッカケになるかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫