エンタメ

世界のベストセラーを作った「日本マンガ史」解体“深”書!(7)貸本屋と紙芝居時代の「原型」

20160908q3rd

 カネを渡せば夜の街に出かけることは目に見えている。だが締め切りまでまだ3日ある。ギリギリまで考えると、1週間は大丈夫だ。そこで私は原稿料の封筒から万札を1枚取り出した。

「子供の小遣いじゃないんだから」

 では、もう1枚。

「そんな殺生な。お願い、お願い」

「これ以上は絶対に出せません」

 3万円だけ手渡す。夜中には帰ってくるだろうと高をくくったが、甘かった。その後毎日、独り住まいの自宅に夜討ち朝駆け、ドアに貼り紙をするが、帰ってこない。4日、5日、6日‥‥。窓から侵入するかドアを蹴破るか、とにかく力ずくで侵入して、完成した44枚と下半分白地の最終ページを製版所に持ち込もうと決意を固めて7日目の朝に訪ねたところ、完成した画稿を揃え、本人が笑顔で出迎えてくれた。6日間、女性宅にしけ込んでいたらしい。

 こうした漫画家と編集者の奇妙な関係は、昭和初期の貸本屋時代、あるいは紙芝居時代に原型が作られたといわれる。貸本屋が隆盛を極めたのは昭和30年代前半。当時は東京だけで3000軒、日本全国に3万軒ほどあったという。

 当時の漫画単行本の価格は120~150円ほど。現代価格に換算すると1000円とか1500円くらいで、子供が手にできるものではない。貸本屋だと1冊1泊3~5円。だから子供は貸本屋に通い、貸本屋はボロ儲けした。貸本漫画業界は人気作品を求め、主人公は何者でストーリーをどうするかは貸本屋が決め、それを版元に求める。版元はその要望に沿って、漫画家に作品を描かせたのだ。

 貸本屋が栄えた時代は同時に、紙芝居の時代でもあった。紙芝居は子供相手の大道芸である。1回10枚前後の絵を芸術的な語り口調で見せるのだが、システムとしては貸元の下に原作者と画家、そして紙芝居屋がいた。貸元は原作者と画家に作品を発注するのだが、中には原作と画を1人でこなす作者もいた。若い頃の水木しげるがこれだ。出来上がった作品は貸元から紙芝居屋に渡り、各地域で公開される。

 どんな内容の作品がヒットするか、どの原作者に依頼し、誰に絵を描かせるかを決める貸元の仕事に、編集者業務の片鱗が見えるが、これが今日の漫画編集者の原型だろう。外国には類例のないこの方式が、日本漫画を世界一に仕立てたともいえる。

 実はこの貸本は江戸時代前期に存在していた。江戸時代に浮世草子や黄表紙と呼ばれる本があった。今日の雑誌のようなものだ。本屋はこれを売ってしまうと商売が終わる。売るより貸したほうが儲かるというので、貸本業が成立したのだ。

志波秀宇(しば・ひでたか)<漫画 研究家>:昭和20年東京生まれ。早大政経学部卒。元小学館コミックス編集室室長。元名古屋造形大学客員教授。小学館入社後、コミック誌、学年誌などで水木しげる、手塚治虫、横山光輝、川崎のぼるなどを担当。先頃、日本漫画解説の著書「まんが★漫画★MANGA」(三一書房)を出版した。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
弘中綾香がはじけた!放送事故寸前“胸の奥見せ”と“ワンワン鳴き”
2
吉岡里帆「先っちょ咥え込み写真」が“アレにしか見えない”大興奮の声!
3
薬丸玲美“点滴中”のハミ出し爆裂バストが生ツバものだった!
4
刺激強すぎ!?森咲智美、犬童美乃梨と「超絶景Gバスト」3番勝負にファン大興奮
5
美女アナが汗だく&びしょ濡れに!夏の歴史的ショットが艶すぎる