芸能

仲間由紀恵“まさかの復帰”もファンは期待薄!迷走止まらぬ「相棒15」の不安材料

20160915nakama

 テレビ朝日の人気ドラマ「相棒season15」が10月12日からスタートする。

 前シリーズから相棒になった反町隆史演じる冠城亘は、警察学校での研修を終え、正式に警視庁の一員となるのだが、配属されたのは広報課。しかも、冠城の上司は仲間由紀恵演じる総務部広報課長の社美彌子という設定だ。

 この発表にネット民からは「迷走してるな」「誰が相棒なのか訳がわからん」「元ファンはもう全くときめかない」など残念な意見が多く、中には「伊丹刑事が特命課に左遷されたほうが面白くなる」や、今作からレギュラーではなくなった六角精児に関して「米澤さん(六角)出ない『相棒』なんて考えられない」と言う声もあった。

 全盛期より視聴率が低下したのは、どうやらキャスティングに問題があるようだ。

「毎回安定した視聴率が取れるドラマなのに、主要キャストがどんどん変わっていく。いまや“相棒”は、不在状態です。スペシャルも含め26年間続いている『渡る世間は鬼ばかり』(TBS)は、主要キャストはほとんど変わりません。それでも視聴率が取れるのは、脚本家の力量だと思います。水谷豊演じる杉下右京は、強烈な個性が光っていますが、それを支えてきた脇があってのこと。人物設定を変えることで、視聴者の目先を変えようなんて安易ですよ。仲間のキャスティングも、ネット上の“待望論”に答えたのでしょうが、刑事ものは事件があって、それをどう解決していくかが醍醐味。プロデューサーや脚本家の力不足に問題があるかもしれません」(テレビ誌ライター)

 シーズン15が、「相棒」のターニングポイントとなりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
大沢たかお、広瀬香美との“格差婚”で安らげなかった主夫生活
3
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
4
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃