芸能

仲間由紀恵への裏切りをようやく償う田中哲司「NHKらんまん」大当たりのイメージ逆転

 NHK朝ドラ「らんまん」が、これまでの善人と悪人のイメージをひっくり返している。

 博物館の職員や主人公の新種発見を自分の手柄にしようとする、東京大学のパワハラ教授を要潤が演じ、パワハラ教授の下で小学校中退の主人公・槙野万太郎や助手達を暖かく見守る准教授を、悪役を演じてきた田中哲司が担っているのだ。

 7月13日の放送では、東大という威厳はあれど何も実績がない植物学教室との共同研究を受け入れた万太郎の排斥へと動く教授に、准教授(田中)が「今、私たちがすべきことは、槙野に礼を言うことです」と反論。准教授が理解者、庇護者になったおかげで、万太郎は故郷・高知で採取した草花が新種であるとの大発見をする。

 田中が登場するたびに、視聴者が共感する「名言」がネット上で取り上げられている。テレビ関係者が言う。

「変化が訪れたのは、2017年の『結婚3年目の浮気』報道がきっかけでした。それまでの田中は、仕事では裏切り者や悪役を演じ、私生活では女癖の悪さが取り沙汰されるなど、ダークなイメージだった。仲間由紀恵との結婚までに交際から6年の時間がかかったのは、田中の女癖の悪さを心配し、仲間の周辺が結婚を反対していたからだと聞きます。その心配は的中し、『FRIDAY』が女性ヘアメイクとの情事をスクープした際には『仲間より格下のスタッフにまで手を出すのか』と、女性だけでなく男性からもバッシングされました」

 不倫発覚後、田中は「家族には大変つらい思いをさせてしまった。今後、このような思いはさせない」と猛省コメントを発表した。テレビ関係者が続ける。

「女優の中でもズバ抜けた人格者で知られる仲間を再び裏切れば、俳優として全てを失うと、身をもって知ったのでしょう。謝罪から1年後、仲間が双子の男児を出産してからは、良きパパぶりをアピールしています。今年6月の『スポーツニッポン』のインタビュー記事でも、親バカぶりを晒していました。今年は双子の息子の『お受験』を控えています。そのシーズンに朝ドラで東大准教授の役が大当たりしたことは、受験先にも好印象でしょう。不倫による妻への裏切りも、少しは償えたのでは」

 ちなみに、この日の放送最後には万太郎が過去を回想するシーンがあったが、祖母役の松坂慶子は登場しても、母役の広末涼子は登場しなかった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談