芸能

河合奈保子 甦る「豊満バスト」伝説を大発掘!(4)ジャッキーチェンとの関係

20160929n4th

 オンナの魅力にあふれていた河合だが、不思議なことに、現役時代はほとんど浮いた話は出なかった。

「奈保子自身も男に関してはオクテでしたからね。子供の頃から胸が大きいことをからかわれたコンプレックスで、逆に『男=性行為』と思ってしまうほど素朴だったんです」(芸能プロ関係者)

 もちろん、これだけの絶品ボディだけに、芸能界のオトコたちも手をこまねいていたわけではない。当時、彼女の魅力にヤラれてしまった第一人者といえば、すでに世界的大スターとなっていたあのジャッキー・チェン(62)だ。 

「ジャッキーは、河合のデビュー当時から大ファンでした。あの頃、頻繁に来日していましたが、半分は仕事、半分は河合に会うためだという噂になったほど(笑)。実際、ツテを通じて『ぜひ一度、お目にかかりたい』と熱烈なアプローチをかけてきたので、断りきれずに会ったそうです。会って、さらにファンになったジャッキーは、河合が香港に行った際にも、自分の店に招待して豪華な食事をごちそうしていましたよ」(前出・芸能プロ関係者)

 ただし、噂になっていたような恋人や愛人のような関係だったかといえば、そうではないようだ。

「“胸コンプレックス”のせいで、奈保子はオトコが苦手だったし、男女の仲にはならなかった。ジャッキーもその点は紳士だったようです」(前出・芸能プロ関係者)

 もう一人、河合のオトコとして業界の噂になっていたのが、デビューのきっかけである西城秀樹(61)だ。

「これも少し違っていて、当時の秀樹がほれていたのは岩崎宏美ちゃん(57)。奈保子よりは少し年上で大人っぽいタイプです。奈保子はあくまで妹分としてかわいがっていました」(前出・芸能プロ関係者)

 まだネットもない時代、口コミで広まった都市伝説の類いだったようだ。河合は結婚するまで、少なくとも表ざたになるようなスキャンダルも起こさず、“アイドル”を全うした。まさにアイドルのかがみである。現在も根強いファンがいる理由は、こんなところにあるのだろう。気になるのは、本人の芸能界復帰だ。

 13年には、下の娘のkaho(17)が14歳で歌手デビュー。子育ても落ち着き、写真集も大ヒットとなれば復帰話も現実味を帯びてくる。“伝説の超巨乳”が再降臨する日は近いかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!