スポーツ

大仁田厚「借金5000万円踏み倒し」邪道本性を憤激告発!(4)「都合が悪くなったら逃げる」

20160929t4th

 神長氏は無念の表情を浮かべ、こう語った。

「信じたのが間違いでしたが、5000万円あれば、新たなビジネスを展開できますよね」

 繰り返すが、大仁田のプロレススタイルのごとき、こうした一連の「邪道」行為が行われたのは、国会議員の身分にあった時である。

 債権回収問題などに詳しいホライズンパートナーズ法律事務所の坂東利国弁護士は、こう説明する。

「ダイプロは12年8月に破産しています。したがって、破産手続き終了に伴い、会社が消滅しているため、貸金債権についても消滅。また、06年4月末の(5000万円振込の)取り引きが事実であるとすれば、会社間の貸金は、商事5年ないし民事10年で時効となります。そのため、消滅時効(債権者の法的な権利が消滅する制度)の要件を満たしていると考えられる。つまり、5000万円の回収は法律上、不可能だと思われます」

 また、別の法曹関係者は、

「会社名義になっていますが、本来は離婚の和解金。私用のお金を、自分がコントロールできる同族会社を隠れ蓑にして借り、そこから抜いて、自分の懐に入れる。ほとぼりが冷めるのを待って、ある時、会社を破産させ、逃げたという見方もできます。それを狙ってやったのなら、きわめて悪質なやり口と言える」

 当時、ダイプロの取締役に名を連ねた大仁田の親族の一人は現在、大東文化大学法学部の教授職にある。法律の専門家でもあるこの親族に、見解を聞いた。

「当時、私を含めて兄弟、母がダイプロデュースの取締役に名を連ねていましたが、経営には一切携わっておらず、事実関係については一切存じません。その経営者がどなたか存じませんが、その方に対する債務の存在が事実であるなら、弁済すべきと考えます」

 何やら人ごとのような感じだが、所属事務所を通じて大仁田にコメントを求めると、対応したスタッフは以下のように語った。

「国会議員時代の金銭トラブル? 当時はお金を持っていたはずだから、そんなことはありえないと思う。そこまで言うのなら、大仁田本人に確認して、連絡しますよ」

 だがその後、連絡はなく、あらためて書面で「5000万円の使途」「返済の意向」などについて説明を求めたが、期日までに回答はなかった。神長氏がアキレ返りながら言う。

「卒業プロレスで着用した革ジャンを、大仁田からプレゼントされたことがありましてね。でもある時、『会長、仕事で必要になったので、しばらく貸してもらえませんか』と言われて渡したら、そのまま返ってこなかった。その時々で調子のいいことを言っては甘い汁を吸い、都合が悪くなったら逃げていく。結局、大仁田厚という男はいいかげんなヤツなんですよ」

 リングで「子供たちに勇気を与える」とほえる大仁田はその一方で、支援してくれた人物を金ヅルとして利用し、裏切る。そんな邪道人生を、これからも歩み続けるのか──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
2
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
3
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
4
プロ野球 セパ「12球団の一平ちゃん」を暴く!(3)佐々木朗希「成績度外視メジャー入り」密約で総スカン
5
1編成に2室だけ!東海道新幹線に導入「高額個室」は「芸能人御用達」と化す