芸能

「何で堂々と芸能界に?」矢口真里が後輩の“生々しい質問”にブチ切れ大炎上

20160928yaguchi

 不貞スキャンダルにより、ワイプ女王から炎上クイーンへと転落した矢口真里が生放送でブチ切れ寸前になる場面があり、話題になっている。

 9月20日深夜に放送された生放送されたインターネットテレビ局・AbemaTVのバラエティ番組「矢口真里の火曜The NIGHT」でのこと。

 この日は元AKB48で現在タレントの野呂佳代がスペシャルゲストとして招待されていたが、矢口が激怒した事の発端は「業界の先輩である矢口に生々しく相談したいことは?」というクエスチョンを受けた野呂が、矢口に対し「あれだけいろんな事があったのに堂々と芸能界でやっていく強い気持ちはいったい、何の思いが強くてできることなんですか?」とキレっキレの質問をしたこと。

 これに矢口は「これで何か問題起こした人が絶対に復活できない世の中になるより、どっかで這い上がりたいじゃない。だから少しでも私はそこにいたいなって思うんですよ」と熱い想いを打ち明けた。さらに「私はヤンチャだからこそ、芸能界が受け入れてくれてるなと思う」など、自身の見解についても語った。

 しかし、返答を受けた野呂は「ジャンヌダルクですね!」と絶賛したり、半笑いで矢口の過去について語ったりと、あきらかにおちゃらけた様子。これに矢口が「絶対バカにしてんだけど! あたしそういう態度でいられるとキレそうになるからやめて」と真剣なトーンで喝を入れ、あわや公開ブチ切れとなる予期せぬ展開に。

 続けて矢口は、「特に仲良くない人にディスられるのは、あたしの何を知ってるんだろうって思っちゃう」と口撃し、野呂はその迫力に驚き、「ごめんなさい、ごめんなさい」と謝罪するばかりとなった。

 展開的には矢口が被害者で野呂が加害者といった構図だが、世間の反応は真反対。「よく言った野呂!」「矢口、図星で切れてんじゃねーよ」「先輩に言われても同じこと言うのか?」「私のこと知らない人とか何様だよ。知りたくないから消えてくれ!」など、大ブーメランとなっている。

「後輩に言われてカチンときたのでしょう。しかし、野呂は『生々しく相談したいこと』というお題に沿って、期待どおりの絡みをしただけのこと。こんなことにすら対応できずに、お茶の間の“知らない人たちの批判”をどう思っているのでしょうか」(エンタメ誌記者)

 表向きは腰が低くなろうとも、プライドだけは高いままということか。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の先がこぼれそう!マギー、「水着が下すぎバスト」に熱視線
2
「次のパトロン探しか?」板野友美が艶カット披露で揶揄される“焦り”心中
3
吉高由里子、「本番しなくていい?」迫った!/女優「初脱ぎ・初ベッド」秘話(1)
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
「22歳で死去」木村花さんの「凄絶現場」を格闘技ライターが克明証言