芸能

人気女優が10代で魅せた「妖精濡れ場」(3)麻生久美子が魅せた完脱ぎ姿

20161013o

 18歳の宮沢りえの写真集「SantaFe」が発売された90年代、なぜか10代の一糸まとわぬ姿がグッと減少する。そんな中、アイドル路線で売り出していた麻生久美子(38)が19歳の時、柄本明主演の映画「カンゾー先生」で見事な若々しい肢体を隠すことなく披露している。

 舞台は瀬戸内の漁村、麻生は貧しい生活のため売春をしている。納屋で客と抱き合い、芸者宿ではオッパイを剥き出しにして、客に股間を撮影させるなど官能シーンが満載だ。

「ラストシーンには船上でお尻まる出しのスパンキングシーンも用意されています。日焼けした野性味たっぷりな肢体と、この若さなくしてはありえない、キュッと締まった美尻がたまりません」(松井氏)

 2000年以降、いよいよ10代の初脱ぎは消滅の危機を迎えた。光明となったのが、先の吉高由里子だが、メガホンを取った巨匠・蜷川幸雄監督は今年5月に他界してしまった。期待がかかるのは、これまで満島ひかり、神楽坂恵、水野美紀などの濃厚カラミを撮ってきた園子温監督である。平成の“脱がせ屋”が、バイオレンス映画「TOKYOTRIBE」で裸にひんむいたのが、19歳の清野菜名だ。

 ギャング団の抗争を描いた本作で、清野は“ミニスカ回し蹴り”で紅一点の存在感を放つ。だが、屈強な男を相手に力尽き、ベッドに組み敷かれてしまう。

「『どうぞ、犯してくださいな』と、最後まで意地を張る強気なセリフがたまらない。白い下着姿だけでもエロいが、ナイフでブラひもを切られてポローンとオッパイがこぼれるシーンは貴重です。透き通るような肌に咲いた、淡いピンクの乳輪がまぶしく映りました」(前出・織田氏)

 10代ヌードが減少傾向にある昨今、この“自粛ムード”に異を唱えるのが秋本氏だ。

「デビュー作の『高校生ブルース』で、15歳か16歳で脱いだ関根恵子(61)のまぶしい体は今でもまぶたに焼き付いている。こんなにかわいい人が少女っぽさを残しながらヌードをさらしている、とドキドキしました。彼女をはじめ10代で脱いだ女優は息が長く、大女優になるという歴史があることに注目すべき。最近でも完脱ぎではないものの、二階堂ふみなどは濃厚なカラミを見せている。女優の“清純派期間”なんて、ないに越したことはありません」

 これを機会に、妖精濡れ場を見比べてほしい。大女優の片鱗をうかがわせているはずだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
下半身をボロン!有村昆が夢中になった「女優Tの正体」にネットが熱視線