芸能

人気女優が10代で魅せた「妖精濡れ場」(3)麻生久美子が魅せた完脱ぎ姿

20161013o

 18歳の宮沢りえの写真集「SantaFe」が発売された90年代、なぜか10代の一糸まとわぬ姿がグッと減少する。そんな中、アイドル路線で売り出していた麻生久美子(38)が19歳の時、柄本明主演の映画「カンゾー先生」で見事な若々しい肢体を隠すことなく披露している。

 舞台は瀬戸内の漁村、麻生は貧しい生活のため売春をしている。納屋で客と抱き合い、芸者宿ではオッパイを剥き出しにして、客に股間を撮影させるなど官能シーンが満載だ。

「ラストシーンには船上でお尻まる出しのスパンキングシーンも用意されています。日焼けした野性味たっぷりな肢体と、この若さなくしてはありえない、キュッと締まった美尻がたまりません」(松井氏)

 2000年以降、いよいよ10代の初脱ぎは消滅の危機を迎えた。光明となったのが、先の吉高由里子だが、メガホンを取った巨匠・蜷川幸雄監督は今年5月に他界してしまった。期待がかかるのは、これまで満島ひかり、神楽坂恵、水野美紀などの濃厚カラミを撮ってきた園子温監督である。平成の“脱がせ屋”が、バイオレンス映画「TOKYOTRIBE」で裸にひんむいたのが、19歳の清野菜名だ。

 ギャング団の抗争を描いた本作で、清野は“ミニスカ回し蹴り”で紅一点の存在感を放つ。だが、屈強な男を相手に力尽き、ベッドに組み敷かれてしまう。

「『どうぞ、犯してくださいな』と、最後まで意地を張る強気なセリフがたまらない。白い下着姿だけでもエロいが、ナイフでブラひもを切られてポローンとオッパイがこぼれるシーンは貴重です。透き通るような肌に咲いた、淡いピンクの乳輪がまぶしく映りました」(前出・織田氏)

 10代ヌードが減少傾向にある昨今、この“自粛ムード”に異を唱えるのが秋本氏だ。

「デビュー作の『高校生ブルース』で、15歳か16歳で脱いだ関根恵子(61)のまぶしい体は今でもまぶたに焼き付いている。こんなにかわいい人が少女っぽさを残しながらヌードをさらしている、とドキドキしました。彼女をはじめ10代で脱いだ女優は息が長く、大女優になるという歴史があることに注目すべき。最近でも完脱ぎではないものの、二階堂ふみなどは濃厚なカラミを見せている。女優の“清純派期間”なんて、ないに越したことはありません」

 これを機会に、妖精濡れ場を見比べてほしい。大女優の片鱗をうかがわせているはずだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男