芸能

「美女アナ四季報」26人の人気相場は波乱含み!(1)海外の取材クルーもNHK・杉浦アナのバストに…

20161013b

「黒田バズーカ」が空砲に終わり、臨時国会でアベノミクス失敗が追及される中、美女アナ市場も大荒れの雰囲気。フリー転向組の暴落、「加藤綾子の再来」と呼ばれる新興株の登場──視聴率ウオーズ「第3四半期」スタート前に知っておきたい、26人の「美女アナ四季報」を一挙公開しよう!

 決算発表シーズンに入り、企業の好不調の差が如実に表れている。「シン・ゴジラ」や「君の名は。」が大ヒットした東宝は、16年8月中間連結の業績予想を上方修正。一方、百貨店の松屋は訪日外国人の買い上げ単価が前年の約30%も下落して、17年2月期通期業績予想の下方修正を発表した。企業業績が株価に影響を与える中、「美女アナ市場」も波乱含みの展開が起きていた!

 メダルラッシュに沸いたリオ五輪で株価を上げたのは、NHKの杉浦友紀アナ(33)だ。

「治安が悪くても積極的に取材に出向いた度胸にも驚きましたが、やっぱり目を引いたのが歩くたびに揺れるバストの存在感。シャツのボタンがはち切れそうで、海外の取材クルーも目が釘づけになっていました」(NHK関係者)

 五輪関連の視聴率も好調で、早くも東京五輪のキャスターに当確ランプが点灯したという。

 後輩の飛躍にも動じない一部上場の大型銘柄は有働由美子アナ(47)。9月7日放送の情報番組「あさイチ」では、パラリンピックの中継で訪れたブラジルから、コンドームの無料自動販売機をレポート。「避妊具」と朝から連呼して、エロ発言アナの本領を発揮した。

「夏の人事では、目標にしていたエグゼクティブアナウンサーへの昇進が見送られて落ち込んでいました。今は気持ちを切り替え、年末の紅白歌合戦でどんなセクシー衣装を着ようか、それが悩みの種。おなかが出るのを気にして、飲みに誘っても『夜8時まで!』と言って、時間制限で酒の量を抑えています」(前出・NHK関係者)

 同局では、アラフォーの小郷知子アナ(38)の人妻エロスに買いシグナルが発生。4月の改編で報道番組「クローズアップ現代+」の日替わりキャスターに抜擢されて、美貌が最注目されていた。

「大学時代には『東京きものの女王』に選ばれ、容姿は折り紙付き。1月に産休から復帰すると、バストが2サイズアップして戻ってきたんです。男性視聴者の人気はますます上がると期待されていますね」(前出・NHK関係者)

 看板アナ不在のTBSでは、吉田明世アナ(28)がエースの座に一歩前進。が、人気面ではイマイチ伸び悩んでいる。

「レギュラー番組を4本担当していますが、キャラクターが薄くてパッとしません。最近は後輩を引っ張る自覚が出てきて、体力をつけるために早朝に週2、3日ランニング。結婚願望が強かったのに、彼氏ができても結婚を先延ばしにして、看板アナを目指しています」(TBS局員)

 若手で急成長しているのは、情報番組「あさチャン!」に出演中の宇垣美里アナ(25)。

「入社時から隠れ巨乳で注目を浴びた逸材。カワイイことを自覚しているのか、カメラ目線が多くてあざとい部分もありますが‥‥。アナウンス技術も高く、口角が大きくてしゃべりが聞き取りやすい」(番組関係者)

 ジワジワと右肩上がりを続け、来年は高値更新か。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!