芸能

品川祐、「ゾンビ芸人」ぶりに応援コメント殺到も「好感度」は上がらず!?

20161011shinagawa

 ウザい芸風が持ち味のお笑い芸人・品川祐が、ツイッターで一躍、話題になっている。10月6日に放送された「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「ゾンビ芸人」に出演した品川は、ゾンビに関する数々のうんちくを披露。番組オリジナルのゾンビムービーでは、演出に口を出す様子が何度も映し出され、お得意のウザったさを全開にしていた。

 その一方で、芸人たちがみずから参加したショートムービーのラストシーンでは、品川は仲間を守って討ち死にするハメに。これは番組内で披露した「イヤな奴が死ぬ間際、イイ奴に」というあるあるネタを実践したもので、当の品川は「最後の最後はいい奴だった、って書かれたい」とコメントしていた。その結果についてテレビ誌のライターが語る。

「ツイッターでは番組放送中から『品川、ゾンビの時だけいい奴』とのツイートが相次ぎ、翌日までにその数は1500件近くに及びました。さらには『ゾンビじゃない時もいい奴だよ』といった応援コメントまで書き込まれるなど、ショートムービーでの名演技は功を奏していたようです」

 これは品川の好感度がアップしたということか。だがこの反応はあくまでショートムービーの出来栄えに向けられたもので、品川自身の人気は上がっていないという指摘もある。テレビ誌のライターが続ける。

「放送翌日の朝に品川は、自分のアカウントで『品川ゾンビの世界ではいいヤツの呟きありがとう!!』とツイート。この流れなら多くの反応が集まるかと思いきや、投稿後6時間ほどでわずか50件ほどしかリツイートされていないのです。やはり世間は彼のことを『おしゃべりクソ野郎』(by有吉弘行)と思っているようですね」

 残念ながら本人の好感度は上がらなかったようだが、憎まれっ子世にはばかるを地で行く品川ゆえ、ネットで話題になるというもくろみは見事、当たっていたようだ。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性