芸能

天才テリー伊藤対談「藤竜也」(3)俳優仕事を始めてすぐ深刻になった

20161013r

テリー 藤さんのデビューのきっかけは、大学時代に日活にスカウトされたことなんですね。

 そうです、日劇(日本劇場)‥‥今の有楽町マリオンの前で、ですね。今思えば、信じられない話ですよね。たぶんそのスカウトマン、老眼で目が悪かったんでしょう(笑)。

テリー いやいや、こんなに男前なんですから、信じられますよ。歩いてたら、声をかけられたんですか?

 そうです。その人に「100万、200万なんて、金の単位じゃなくなりますよ」って言われたのがカーンと来ちゃいまして(笑)。「そんな世界があるなら見てみたい」と、つい思っちゃったんですね。あとあと考えてみればフカシもいいところですけどね、そんな言葉(笑)。

テリー 現実はもっと厳しかった、と。

 こっちは石原(裕次郎)さんみたいなスターと一緒に片足をどこかに引っ掛けて、タバコを吹かしながら格好いいセリフを言えるもんだと思っていましたからね。でも、実際に行ってみたら大部屋で、毎日通行人の役ばっかりですから。「話が違うじゃないか」と思って。

テリー 気分としては「早く100万くれよ」と。

 そうですよ。だけど、やってるうちにだんだんと「ヤバイとこに来ちゃったなあ」と、深刻になってきたわけ。

テリー 最初は夢心地だったけど、ブレイクのきっかけがつかめなくて焦りが出てきたんですね。

 ええ、もう大学も辞めちゃってますし、「これは何とかしなくちゃ」と。そこから、どうすれば自分は俳優として、役をもらえるのかなんてことを真面目に考えだしたわけです。

テリー 例えば宍戸錠さんは、昔からずっと映画を観てきて、どういう俳優のポジションが空いているかを考えたうえで、整形手術で頬にシリコンを入れたわけじゃないですか。そういうのと比べると、最初の志から全然、違ったというわけですね。

 だから、僕なんかゲスなんですよ。「とりあえず、石原さんのマネをしてりゃいいんだ」って思ってましたから。でも、あるきっかけがあって、そのモヤモヤを吹っ切ることができたんですけど。

テリー それはどういったものですか?

 渡(哲也)さんが主演した「野獣を消せ」っていう映画に出た時です。僕はものすごい狂犬みたいな若者の役だったんですけど、それでちょっと演技のやり方の目鼻がついたというか、そういう感覚がありましたね。

テリー 確かに、狂犬的な役ができる役者さんって、それまであまり日活にいなかったですもんね。それこそ渡さんとか、高橋英樹さんには、そういう無軌道なアウトローの方向性は無理じゃないですか。

 僕もそうだと思いましたね。それなりに考えて取り組んで、その作品で“野獣”になれたと思います。

テリー 僕は「こういうタイプの役者さんが日活から出てきたんだ」という感じで、藤さんの存在を実に新鮮に感じていましたよ。

 あ、当時ご覧になっていただけたんですか?

テリー もちろんですよ、僕はあの頃の日活、大好きでしたから。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは