スポーツ

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」スポーツ界「波乱のウラ舞台」<野球篇/特別インタビュー・広岡達朗>(1)インチキして優勝?

20161020o1st

 現役時代は巨人の遊撃手として活躍し、引退後は万年Bクラスに低迷していたヤクルトを1回、西武を2回、日本一に導き、日本初のGM職も務め上げた。長きにわたるプロ野球史の目撃者・広岡達朗氏(84)が、巨人V9を成し遂げた川上哲治監督との対立も含め、みずからが体験してきた球界秘話を初めて明かした。

「先日、広島カープの担当記者に『おい、今年はインチキせずに優勝できたな』って言ったら、若い記者は『何のことですか?』と言っていましたよ。ヤクルト監督時代、広島市民球場で非力なバッターにホームランをよく打たれることがあった。私はすぐに、おかしいぞと疑った。スコアボードを凝視していると、2枚くらいパネルが開くんですよ」

 76年にヤクルト監督に就任した広岡氏は、79年の広島優勝の時は同一リーグのライバルだったが、その舞台裏をこともなげに語る。

「すぐにうちのオーナーの松園尚巳さんに伝えたら、怒られたのは私のほうだった。『スポーツマンがサイン盗みのインチキなんてするか!』と。でも、確信はあったので、のちに広島の関係者にサイン盗みについて問いただしたら、『のぞいていました』と白状したんだよ」

 昭和のプロ野球では、一時期、サイン盗みの不正行為が横行していた時代があったとも言われている。

「当時のプロ野球は、水面下で駆け引きや足の引っ張り合いがあった。今は、他のチームの選手と一緒に自主トレを行ったり、仲よしこよしでやっているが、私が現役、監督だった頃は、壮絶な戦いがあった。インチキをやってもバレなければ、周囲からの名声を得ることができる。それだけ監督、選手が勝利に執着していたんですよ」

 こうした中で監督に就任した広岡氏は、グラウンドの内外において、“広岡イズム”を徹底させることで弱小チームを改革していったのだ。特に重視したのが体調管理である。

 当時のプロ野球界には、二日酔いで平然とグラウンドに現れる破天荒で豪放磊落な選手たちが多くいたが、広岡氏は一刀両断した。

「キャンプから揚げ物中心で味付けの濃い仕出し弁当をやめて、玄米菜食の食事に切り替えた。巨人の選手たちは、夏場になると試合中でもコーラを飲んでいたが、太るだけでケガにもつながりかねない。だから、選手たちには豆乳を飲ませていましたよ」

 選手から反発はあったが、チームが勝ち続けることで不満の声は消えていったという。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス