スポーツ

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」スポーツ界「波乱のウラ舞台」<野球篇/特別インタビュー・広岡達朗>(1)インチキして優勝?

20161020o1st

 現役時代は巨人の遊撃手として活躍し、引退後は万年Bクラスに低迷していたヤクルトを1回、西武を2回、日本一に導き、日本初のGM職も務め上げた。長きにわたるプロ野球史の目撃者・広岡達朗氏(84)が、巨人V9を成し遂げた川上哲治監督との対立も含め、みずからが体験してきた球界秘話を初めて明かした。

「先日、広島カープの担当記者に『おい、今年はインチキせずに優勝できたな』って言ったら、若い記者は『何のことですか?』と言っていましたよ。ヤクルト監督時代、広島市民球場で非力なバッターにホームランをよく打たれることがあった。私はすぐに、おかしいぞと疑った。スコアボードを凝視していると、2枚くらいパネルが開くんですよ」

 76年にヤクルト監督に就任した広岡氏は、79年の広島優勝の時は同一リーグのライバルだったが、その舞台裏をこともなげに語る。

「すぐにうちのオーナーの松園尚巳さんに伝えたら、怒られたのは私のほうだった。『スポーツマンがサイン盗みのインチキなんてするか!』と。でも、確信はあったので、のちに広島の関係者にサイン盗みについて問いただしたら、『のぞいていました』と白状したんだよ」

 昭和のプロ野球では、一時期、サイン盗みの不正行為が横行していた時代があったとも言われている。

「当時のプロ野球は、水面下で駆け引きや足の引っ張り合いがあった。今は、他のチームの選手と一緒に自主トレを行ったり、仲よしこよしでやっているが、私が現役、監督だった頃は、壮絶な戦いがあった。インチキをやってもバレなければ、周囲からの名声を得ることができる。それだけ監督、選手が勝利に執着していたんですよ」

 こうした中で監督に就任した広岡氏は、グラウンドの内外において、“広岡イズム”を徹底させることで弱小チームを改革していったのだ。特に重視したのが体調管理である。

 当時のプロ野球界には、二日酔いで平然とグラウンドに現れる破天荒で豪放磊落な選手たちが多くいたが、広岡氏は一刀両断した。

「キャンプから揚げ物中心で味付けの濃い仕出し弁当をやめて、玄米菜食の食事に切り替えた。巨人の選手たちは、夏場になると試合中でもコーラを飲んでいたが、太るだけでケガにもつながりかねない。だから、選手たちには豆乳を飲ませていましたよ」

 選手から反発はあったが、チームが勝ち続けることで不満の声は消えていったという。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」