芸能

ついに“オシリ経験”までカミングアウト!矢口真里の下品コメントに苦情殺到

20161013yaguchi

 8月に放送されたバラエティ番組で、唇の色とバストトップの色は同じという検証の信憑性を証明するため、生放送にも関わらず自分の着ていた服の隙間から覗き込み、自身のバストトップの色を「唇の色とは違うけど、ちょっと濃いベージュです」と大胆告白した矢口真里。まさかのカミングアウトだったわけだが、10月9日に放送された総勢40人の芸人が出演するバラエティ「オール芸人お笑い謝肉祭’16秋」(TBS系)で、メイプル超合金・安藤なつが矢口のバストトップを見たということで、その感想を語る一幕があった。

 番組収録のために出演者たちは同じホテルに宿泊していたが、その大浴場で矢口を見たという安藤は「ホントにやぐっちゃんの(胸)はスゴく綺麗です」とコメント。

 それに気を良くしたのか、矢口も数々のお色気アピールを敢行。

「台車に犬のようなポーズで乗り、ヒップ部分にホースから飛び出る水を当て、その水圧で台車を進めながら早押しクイズをするというコーナーがありました。そこではそのポーズということもあり胸の谷間が強調されていましたが、クイズの意気込みを聞かれた際、矢口は『オシリは初めて』とまさかの“そっちは未経験”発言も飛び出すなど、リップサービスもかましていました。しかし、そんな下品なコメントをお茶の間で聞かされる視聴者も複雑。喜ぶどころか不快になったと訴える人がほとんどでしたね」(エンタメ誌記者)

 それはネットでも同様で、「誰もオマエのそっちの穴の経験なんて知りたくない」「頼むから求められてない下ネタは封印してくれ」など、誹謗中傷の連打となった。

 今回は芸人たちに囲まれて体当たりで企画に挑んだ矢口だが、いつまでセクシー押し売りを続けていくつもりなのだろうか?

(佐伯シンジ)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
3
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
4
戸田恵梨香のドラマ降板報道を吹き飛ばす「片バストがモロ見え」驚き映像
5
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”