特集

健康診断で気になる肝臓の数値異常、カンタンにできる対策とは

Sponsored

20161017kagome_main-2

提供:カゴメ株式会社

 年末年始が近づくと増えてくるのが忘年会、新年会といったお酒の席。居酒屋のいたるところで「まずは皆様方のご健康を祝して!」と、「日本全国酒飲み音頭」よろしく乾杯の挨拶が交わされる季節となってきた。

 適量の飲酒は昔から“百薬の長”と言われ、ストレス発散はもちろん、善玉コレステロールを増やしたり、疲れたカラダを癒やすなどの効果が言われている。なによりも“飲みニケーション”は人間関係の潤滑油。「健康診断が怖くてサラリーマンがやってられるか!」と言わんばかりに呑みすぎる気持ちもわかるが、翌朝には後悔‥‥なんていうのが世のお父さんの実態だろう。

 お酒を飲むと、そのアルコールの約20%は胃に、残りの80%は小腸に吸収されるという。そして血液によって全身に運ばれる途中に肝臓で分解されていく。しかし、その分解時間は意外と長く、個人差もあるがビール中瓶1本分のアルコールを分解するのに、およそ3~4時間もかかるというから結構な負担をかけているのだ。※1

 それが一晩にビール、焼酎、ウイスキーと飲み続けようものなら、いったい何時間かかるのやら。しかもそれが連日となれば‥‥アルコール処理に疲れた肝臓は脂肪酸を処理できなくなり「脂肪肝」を引き起こす。

 実は人間ドックで指摘される異常のなかで、最も多いのがこの「肝機能異常」。なんと男性の3人に1人、女性の5人に1人が肝機能異常を抱え※2、その数はおよそ30年前の3倍に登るほど急増しているのだという。しかも肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれ、ダメージを受けていてもほとんど自覚症状がないことから、発覚したときにはもはや手遅れという事態が少なくないのだ。

20161017kagome_a

 そこで健康診断などで提案される対策のひとつが、いわゆる「生活習慣の見直し」。たとえば肝臓についた中性脂肪は皮下脂肪と違って落としやすいため、適度な運動と食事の調整で体重を減らすだけでも肝臓の脂肪が減り、改善が期待できるという。

 とは言え「わかっちゃいるけどはじめられないのが運動習慣。残業続きで家に帰ればクタクタ。休日は疲れたカラダを少しでも休ませないと、翌週が使い物にならなくなっちゃうしね‥‥」と話すのは、アサ芸世代の会社員・Kさん(45歳)だ。仕事のストレスが増えるのに比例して、酒量も増えてきているのが最近の悩みだそうだ。

 そんなお疲れ気味なアサ芸世代にオススメしたいのが、肝臓のダメージに対して注目されているという健康成分スルフォラファン。ブロッコリーの新芽「ブロッコリースプラウト」に多く含まれている成分で、その含有量は成熟したブロッコリーのナント20倍にもおよぶのだとか!※3

20161017kagome_b-2

 肝臓はアルコールや化学物質など、カラダに有害なものの「解毒」を担っている部位。そんな肝臓の機能低下の要因の一つが”暴飲暴食”。スルフォラファンは、そんな悪い生活習慣がなかなかセーブできない現代人の多忙な肝臓を助け、自ら持つ防御機能(解毒、抗酸化、抗炎症)を高めることで、肝機能の改善に役立つと考えられているのだ。

 実際、スルフォラファンの力に注目し、研究を重ねてきたカゴメが、世界で初めてヒトを対象にスルフォラファンの継続摂取試験を行ってみたところ、肝機能が改善する可能性を確認したというから期待できる。

 こうした信頼できる試験結果から、Kさんはスルフォラファンへの関心を持ち、お酒を飲んだ時のケアにも気をつけるようになったそうだ。

 働き盛りのアサ芸世代にとって「肝臓ケア」は必須課題。気づいたときの「手遅れ」になる前に、日頃からスルフォラファンの成分で弱った肝臓機能をメンテナンスしておくことをオススメしたい。

 最近は簡単にスルフォラファンを摂取できるサプリメントもあるので、試してみてはいかがだろう。

⇒スルフォラファンについてもっと詳しく知りたい方はこちら

※1 出典:全日本健康保険協会

※2 出典:公益社団法人 日本人間ドック学会

※3 出典:米国BPP社調べ

Sponsored by カゴメ株式会社

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!