社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「認知症予防には手作業が効果アリ。クイズや新聞の投書でも活性化!」

20161027y

「同居の母親に認知症の傾向が出てきました。3人の孫のうち2人の名前を忘れてしまったり、同じ話を何度も繰り返したりします。今はまだ元気ですが、80歳を超えており心配でなりません。認知症を予防したいのですが、いい方法がありましたらご教授ください」

 読者の方から、こんなお手紙をいただきました。

 認知症は進行するほど、家族の仕事・家事に支障を来します。例えば夜に起きだして冷蔵庫の中をあさったり、深夜徘徊をしだすと家族は睡眠不足に悩まされ、精神的にもイライラしてしまいます。

 今いる場所がわからない、自分が通った学校名を忘れた、食事をした記憶がないなどの「記憶障害」、アナログ時計の針を見ても時間がわからない、失禁してしまうなどの「見当識障害」、頭の片隅にある記憶をつなぎ合わせた結果の言葉=「作り話」(本人はウソだとの意識がない)など、一口に認知症と言ってもさまざまな症状があります。

 認知症と聞くと「高齢者の病気」をイメージしますが、64歳以下で発症する若年性認知症は男性に多い症状です。症状が進行すると、仕事やプライベートでの大事な用事を忘れてしまい、深刻な場合は予定を組んだことすら思い出せない、となることもあります。

 つまり誰でもなる可能性があり、いつなっても不思議ではないのが認知症で、家族にとってはやっかいな症状ですが、ここで問題です。

 私が認知症対策でオススメするなら「麻雀」と「クロスワードパズル」のどちらでしょうか。

 認知症予防のカギは「脳を活性化させること」です。脳の活性化には「指先を使う」のが重要です。中でも麻雀は「指先を使う」「役作りを考える」という2つの要素が脳に効果的な刺激を与えます。加えて、仲間内で小さく金銭を賭けるファミリーギャンブルも脳が活性化されます。仕事がまさしくそうであるとおり、人間はお金が絡むと頭を使うようにできている生き物です。

 90歳になるおばあちゃんで、毎日健康麻雀に興じる人がいます。ゆっくりと牌をツモってくる彼女の姿を見ていると、認知症とは無縁だと感じます。

 ペン(指先)を使う、頭を使うという意味ではクロスワードパズルもオススメです。考えて答えを書くクロスワードパズルは1人でできるという利点があります。今回は麻雀に軍配を上げるものの、クロスワードパズルも認知症予防にはかなり適しています。

 他にオススメできるのは「散歩」です。下半身を動かす散歩は「寝たきり」予防のほか、近所のおばあちゃんと会えば嫁の悪口で盛り上がるなど、うれしさや楽しさを生み出す「会話の機会」にも恵まれます。こちらは「気分転換」にもなるでしょう。

 体が思うように動かない場合は「作る・書く」がカギとなります。

 脳梗塞のリハビリ患者さんに「孫に手紙を書きなさい」と勧めたこともありました。手紙とは「考えて、字を思い出し、きれいに書く」という努力をします。

 加えて手紙を出すのに散歩がてら出かけるため、トータルリハビリとなります。手紙を出す相手がいなければ、新聞や雑誌、テレビ番組に投書するのもいいでしょう。

 その他、競馬や競輪、折り紙、俳句、将棋・囲碁、トランプゲーム、読書、ダンス、水泳、農園での野菜作りなど、認知症予防に効果のある遊びや運動、趣味はいくらでもあります。

 こうした生きがいにつながるような趣味を数多く持つほど、認知症にはなりにくいと思われます。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
3
「バイキング」坂上忍も呆れ返った?松嶋尚美、不織布マスクの仰天使用法とは
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?