社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「認知症予防には手作業が効果アリ。クイズや新聞の投書でも活性化!」

20161027y

「同居の母親に認知症の傾向が出てきました。3人の孫のうち2人の名前を忘れてしまったり、同じ話を何度も繰り返したりします。今はまだ元気ですが、80歳を超えており心配でなりません。認知症を予防したいのですが、いい方法がありましたらご教授ください」

 読者の方から、こんなお手紙をいただきました。

 認知症は進行するほど、家族の仕事・家事に支障を来します。例えば夜に起きだして冷蔵庫の中をあさったり、深夜徘徊をしだすと家族は睡眠不足に悩まされ、精神的にもイライラしてしまいます。

 今いる場所がわからない、自分が通った学校名を忘れた、食事をした記憶がないなどの「記憶障害」、アナログ時計の針を見ても時間がわからない、失禁してしまうなどの「見当識障害」、頭の片隅にある記憶をつなぎ合わせた結果の言葉=「作り話」(本人はウソだとの意識がない)など、一口に認知症と言ってもさまざまな症状があります。

 認知症と聞くと「高齢者の病気」をイメージしますが、64歳以下で発症する若年性認知症は男性に多い症状です。症状が進行すると、仕事やプライベートでの大事な用事を忘れてしまい、深刻な場合は予定を組んだことすら思い出せない、となることもあります。

 つまり誰でもなる可能性があり、いつなっても不思議ではないのが認知症で、家族にとってはやっかいな症状ですが、ここで問題です。

 私が認知症対策でオススメするなら「麻雀」と「クロスワードパズル」のどちらでしょうか。

 認知症予防のカギは「脳を活性化させること」です。脳の活性化には「指先を使う」のが重要です。中でも麻雀は「指先を使う」「役作りを考える」という2つの要素が脳に効果的な刺激を与えます。加えて、仲間内で小さく金銭を賭けるファミリーギャンブルも脳が活性化されます。仕事がまさしくそうであるとおり、人間はお金が絡むと頭を使うようにできている生き物です。

 90歳になるおばあちゃんで、毎日健康麻雀に興じる人がいます。ゆっくりと牌をツモってくる彼女の姿を見ていると、認知症とは無縁だと感じます。

 ペン(指先)を使う、頭を使うという意味ではクロスワードパズルもオススメです。考えて答えを書くクロスワードパズルは1人でできるという利点があります。今回は麻雀に軍配を上げるものの、クロスワードパズルも認知症予防にはかなり適しています。

 他にオススメできるのは「散歩」です。下半身を動かす散歩は「寝たきり」予防のほか、近所のおばあちゃんと会えば嫁の悪口で盛り上がるなど、うれしさや楽しさを生み出す「会話の機会」にも恵まれます。こちらは「気分転換」にもなるでしょう。

 体が思うように動かない場合は「作る・書く」がカギとなります。

 脳梗塞のリハビリ患者さんに「孫に手紙を書きなさい」と勧めたこともありました。手紙とは「考えて、字を思い出し、きれいに書く」という努力をします。

 加えて手紙を出すのに散歩がてら出かけるため、トータルリハビリとなります。手紙を出す相手がいなければ、新聞や雑誌、テレビ番組に投書するのもいいでしょう。

 その他、競馬や競輪、折り紙、俳句、将棋・囲碁、トランプゲーム、読書、ダンス、水泳、農園での野菜作りなど、認知症予防に効果のある遊びや運動、趣味はいくらでもあります。

 こうした生きがいにつながるような趣味を数多く持つほど、認知症にはなりにくいと思われます。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
4
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
5
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!