事件

三女・アーチャリー「“秘”講演会」で明かされた麻原彰晃の「拘禁生活」!(1)面会を177回以上断られた

20161027dd1st

 昨年3月、麻原彰晃の三女として実名による自伝を出版し、世間を驚かせた「アーチャリー」。それから1年半余りを経て、彼女は再び秘密裏に行われた「講演会」の場に姿を見せた。そこで語られたのは、オウム裁判への不満、拘置所の「父」の姿だった──。

「被害者の方々が大勢おられるので、私が事件に触れてお話しするのはどうかと思いますが‥‥」

 こう言って、とつとつと語り始めたのは、オウム真理教(現・アレフ)麻原彰晃死刑囚(61)の三女で、ホーリーネーム「アーチャリー」こと松本麗華氏(33)である。昨年、初めて実名を明かしてつづった著書「止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記」(講談社)を刊行し、話題となったのは記憶に新しい。

 10月5日、村上正邦元参院議員が主催する、企業の幹部らを招いた限定的な勉強会にゲストとして登場。長年オウム問題を取材し、アーチャリーと交流がある映像ジャーナリスト・森達也氏が同席した。いわば“秘”講演会の席で、アーチャリーは次のように続ける。

「父と最後に話したのは、21年前の5月。私が12歳になったばかりの時でしたが、その時の父と逮捕後の父がどうしても関連性を持って認識できなくて、いまだに何が起こったのか、自分の体の中で飲み込めていない状態です。このような話をすると『被害者の方をどう思っているんだ』というお話をいただくんですけれど、それについては非常に難しい問題で‥‥」

 麻原死刑囚がオウムの教団施設「第6サティアン」で逮捕されたのは、95年5月16日。まさにアーチャリーが12歳の時である。

 逮捕された父親と事件後、東京拘置所で初めて面会したのは04年9月のことだったが、逮捕から9年の時を経て、麻原死刑囚の精神は崩壊していた。麻原死刑囚は呼びかけにまったく反応がなく、突然、自慰行為を始めるなどの奇行を見せる。

 アーチャリーは、次のように回想した。

「複数の精神科医に鑑定をしていただいたんですけども、父は重度の『昏迷』状態にあり、心神喪失であると、皆さんは判断されました。昏迷な状態というのはよくわからないんですけれども、心身ともに、自己表現ができる内部刺激が感応しない状態というふうに言われています。私がいきなり『お父さん、わかる?』と大きな声で叫んでも反応しません。そういう父の姿を見るのがつらくて、毎日面会に行くことはできませんでした」

 その後、麻原死刑囚と会うことも困難になってしまう。彼女はこう言った。

「控訴が棄却されたあとから、父の姿は8年以上、見ることすらできていません」

 これについて森氏が質問し、アーチャリーが答える。

「ただ、確定死刑囚の場合でも、家族は面会できるんだけど‥‥理由は?」

「以前は『呼びかけに反応しない』『動こうとしない』という理由でしたが、最近はもう(拘置所サイドから)、ただ『面会できません』ということが多くなって」

 9月23日にも面会を申し込み、『面会できません』のひと言で断られてしまったという。いわく、

「08年から177回以上も断られているんです」

カテゴリー: 事件   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」