事件

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」政治・事件スクープの表裏!<名物デカ・平塚八兵衛の事件簿>

20161027s

 昭和を代表する名刑事・平塚八兵衛。数々の有名事件を担当し、殺人事件だけでも120件以上を手がけた。粘り強い捜査・取り調べを表し「落としの八兵衛」と称されたが、週刊アサヒ芸能が報じた事件でも活躍していた──。

 特に「平塚八兵衛」の名を高めたのは、戦後最大の誘拐事件「吉展ちゃん誘拐殺人事件」だ。

 1963年3月31日、東京都台東区の公園で遊んでいた村越吉展ちゃん(4)が誘拐され、身代金を要求された。犯人は用意された50万円をまんまと奪い取る。元時計職人の小原保元死刑囚が疑われていたが、65年7月、平塚氏による3度目の取り調べでついに自供した。

 この事件を報じたのは、65年7月18日号。遺体発見現場の様子、吉展ちゃん両親の談話、小原元死刑囚の生い立ちなどを取材している。だがスクープを飛ばしていくのは、翌号からである。7月25日号では、犯人の愛人と、その夫の居場所を突き止め直撃。

「小原のことも事件のことも、もう思い出したくない」

 と言う愛人に食い下がり、告白を引き出した。夫のインタビューも詳細に掲載したのだ。続く8月1日号では「小原の愛人といわれて」と題した、実名の独占手記を公開。小原の愛人として過ごした日々が明かされた。

 平塚氏の担当した事件の一つが、68年に発生した「三億円事件」だ。取材では、「真犯人」に迫っている。

 69年5月15日号では、捜査線上にあがった警察がマークしていた「山本武」「喫茶店のボーイA」「元テレビタレント三国邦雄」そして「青酸カリで自殺した少年」などに肉薄した。ジャーナリストの本橋信宏氏は語る。

「あの頃は膨大な数の参考人があげられた。当時、私の父親がたった一度だけ東芝府中に行ったことがあるというだけで刑事が来たそうですから」

 本橋氏は長年、三億円事件を取材しており、“自殺した少年”の母親にも接触。「息子は犯人ではない」というコメントを得た。

「平塚八兵衛の投入が少し遅かったように思えます。彼は単独犯説を唱えていた。警視庁は複数犯と見ていたようですからね」(前出・本橋氏)

 実際、70年8月7日号では「三億円事件大詰めの容疑者たちを追う!」と題して、捜査本部が追う7人の素顔を取材した。

 75年に三億円事件は公訴時効を迎える。捜査主任を務めた名刑事の退職は、その9カ月前のことだった。

 退職後、平塚氏は吉展ちゃん事件の犯人・小原保元死刑囚の墓を訪れている。犯人が先祖代々の墓に入れてもらえず、その脇の小さな盛り土に葬られているのを知り、泣き崩れたというのは有名なエピソードである。

「私は今度生まれるときは真人間になって生まれてきます。どうか、平塚さんに伝えてください」

 小原元死刑囚は、執行前にこう言い残したという。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美