芸能

病魔と闘う荒ぶる役者たちの不屈秘話 「第2回・梅宮辰夫」(3)今でも不良番長をやりたい

20161027j3rd

 溺愛する愛娘・アンナが顔を見るなり怯えて泣いた瞬間がある。東映が実録路線にシフトし、記念碑的なヒット作となった「仁義なき戦い」(73年)である。その第3作「代理戦争」(73年)に梅宮は、神戸の巨大組織・明石組の岩井信一役で出演。モデルとなった人物に合わせ、眉毛を剃り落として異形の迫力を出した。

「それで家に帰ってアンナを抱き上げたら、初めて大泣きされて困ったよ」

 筆者は5年前、梅宮からそんなエピソードを聞いている。実はモデルとなった人物とは因縁があり、梅宮がキャバレー営業をしていた頃、若いヤクザに「親分に挨拶がない」と怒鳴られた。

 何のことやらわからぬままに頭を下げ、そこからかわいがってもらえるようになった人物こそ、第3作で演じた岩井のモデルである。

 第4作「頂上作戦」(74年)で梅宮が演じた岩井と、小林旭が演じた広島の武田明のやり取りは、シリーズでも1、2を争う緊迫した空気をもたらした。

〈わしは、明石組の岩井じゃ!〉

〈ほいじゃ言うとったるが、広島極道は芋かもしれんが、旅の風下に立ったことはいっぺんもないんで。神戸のもんいうたら猫一匹通さんけん、よう覚えとけよ〉

〈よおし、おんどれらも吐いたツバ飲まんとけよ〉

 このシーンの話に触れたあと、梅宮は「今は問題があるかもしれないけど」と前置きし、筆者に“本音”を明かした。

「ヤクザの役を演じるんだったら同じメシを食い、同じ酒を飲み、時にはトルコ‥‥今だとソープか、そこに一緒に行くような、そんな“匂い”を吸収するのも大事なことだったんだよ」

 若き二枚目から女たらしの不良リーダー役、そして実録路線で貫禄のある幹部役を演じる過程において、梅宮の選択に非はない。監督の内藤誠は、梅宮の成長を常に見続けてきた。

「女優は脱いだら最初から主役だけど、男の役者はそうはいかない。梅宮はテクニックはないが、とにかく懸命に役と向き合ってきた。ただ、今でも『不良番長みたいな映画がないとつまらない』とは言うよ(笑)」

 さて、2月に肺炎を悪化させた梅宮だが、9月には「十二指腸乳頭部ガン」で手術したことを娘のアンナが明かした。12時間もの大手術で、家族は再び“別れ”を覚悟したが、無事に成功。所属事務所に聞くと、復帰も近いと答える。

「実は何度も大病をしていて、40年ほど前にもガンが肺に転移したことがありましたが、すべて放射線や抗ガン剤で治してきているんです。今回は初めて切除の手術でしたが、今はもう釣りにも出かけているし、11月にはバラエティやドラマ収録も決まっています」

 盟友の松方弘樹を励ますためにも、一足早い仕事復帰を見せてほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?