社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「年老いた老人の介護は『自宅』か『施設』か。『家で死ぬのが幸せ』というのは政府の考え」

20161110s

 夫や妻に先立たれて1人暮らしをしている、そんな人は少なくありませんが、親と離れて暮らしている場合、気になるのが「孤独死」でしょう。

 80歳の母が1人暮らしだという50歳の知人が、先日、こんなことを言ってました。

「父は亡くなって20年たちましたが、母は80歳になるのに、今も週に3回ほど水泳や麻雀をやっており、頭も体も元気です。仕事の都合で離れて暮らしていますが、今でも運転するなどぴんぴんしています」

 私は「70歳では人様に迷惑をかけてはダメ。けれど80歳になったらかけてもいい」と思っています。70代ともなれば病気は100%ありますが、自分で動けることを目標として「家族や他人に迷惑をかけない」ように生きるべきだと思うからです。ただし、80歳になればいくら甘えてもかまいません。若い女性に車椅子を押してもらおうが、少しぐらいぼけようが、しかたなし。不摂生もしていいでしょう。

 それでもやがて面倒を見なくてはならなくなるはずと、覚悟はしている様子で、先日、こんなことを言ってました。

「最後は私が面倒を見るつもりですが、母は『あんたの世話にはならないから施設を探しておいてくれ』と言うんです。孤独死が気になるので施設に入れるべきか、それとも今のまま自宅にいさせるべきか。どうしたらいいですかね」

 今週のお題はこれです。お母さんが1人で身の回りのことをできなくなった場合、息子である知人が面倒を見るしかありませんが、仕事と母の面倒、どちらを優先するかという問題があり、加えて奥さんの手助けが必要となるでしょう。家族の誰かが犠牲にならねばなりません。

 そう考えると施設に入れるのはしかたないこと。いい施設を探してあげて「ついの住みか」に住まわせるのも、決して悪いことではありません。金があれば立派な施設に、なければコネを頼りに、とにかく「いい施設」を探すことです。

 この方が施設に拒否感を示すのは「姥捨て山」のイメージがあるからだそうですが、私は「自宅でも座敷牢じゃないのですか」と問いかけました。同じ境遇の仲間と一緒に楽しみ、姥捨て山で宴会をしているとしたら、それはそれで幸せでしょう。

 犠牲になれる人がいないのであれば、施設もやむなしと私は思います。

 今後、高齢化社会が加速し、こうした問題は多くなるのが目に見えています。それを見越してか、政府は介護にかかる保険金や助成金を少なくするべく「家に帰れ」「施設に入れるな」という方向に向いています。そのため「家で死ぬのが幸せ」という価値観を植え付けようとしているようにも見えますが、これには複雑な事情があります。

 大した病気もない寝たきりの老人を入院させると、かかった医療費より保険点数のほうが低くなる、という保険制度があるため、病院が莫大な赤字を抱えます。つまり政府が福祉にかかるお金を減らそうとしているわけです。病院サイドは「1日8000円程度しか保険が下りない」ために赤字を嫌がって入院させません。しかし、差額ベッドに入れば、喜んで入院させてくれるとおり、病院で手厚い治療を受けて、天寿を全うすることはできます。

 最期まで面倒を見てくれる家族がいればまだしも、1人暮らしで孤独死となる場合は「病院で死なせろ」と、声を大にして国に訴えてもいいと、私は感じます。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(中)
2
人気女子アナ「バストだけ総選挙」ベスト20(3)テレ東・森香澄が得意のダンス技で…
3
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
4
明石家さんま“ユーチューバー嫌い”でも「水溜りボンド」だけは心許したワケ
5
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(上)