社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「年老いた老人の介護は『自宅』か『施設』か。『家で死ぬのが幸せ』というのは政府の考え」

20161110s

 夫や妻に先立たれて1人暮らしをしている、そんな人は少なくありませんが、親と離れて暮らしている場合、気になるのが「孤独死」でしょう。

 80歳の母が1人暮らしだという50歳の知人が、先日、こんなことを言ってました。

「父は亡くなって20年たちましたが、母は80歳になるのに、今も週に3回ほど水泳や麻雀をやっており、頭も体も元気です。仕事の都合で離れて暮らしていますが、今でも運転するなどぴんぴんしています」

 私は「70歳では人様に迷惑をかけてはダメ。けれど80歳になったらかけてもいい」と思っています。70代ともなれば病気は100%ありますが、自分で動けることを目標として「家族や他人に迷惑をかけない」ように生きるべきだと思うからです。ただし、80歳になればいくら甘えてもかまいません。若い女性に車椅子を押してもらおうが、少しぐらいぼけようが、しかたなし。不摂生もしていいでしょう。

 それでもやがて面倒を見なくてはならなくなるはずと、覚悟はしている様子で、先日、こんなことを言ってました。

「最後は私が面倒を見るつもりですが、母は『あんたの世話にはならないから施設を探しておいてくれ』と言うんです。孤独死が気になるので施設に入れるべきか、それとも今のまま自宅にいさせるべきか。どうしたらいいですかね」

 今週のお題はこれです。お母さんが1人で身の回りのことをできなくなった場合、息子である知人が面倒を見るしかありませんが、仕事と母の面倒、どちらを優先するかという問題があり、加えて奥さんの手助けが必要となるでしょう。家族の誰かが犠牲にならねばなりません。

 そう考えると施設に入れるのはしかたないこと。いい施設を探してあげて「ついの住みか」に住まわせるのも、決して悪いことではありません。金があれば立派な施設に、なければコネを頼りに、とにかく「いい施設」を探すことです。

 この方が施設に拒否感を示すのは「姥捨て山」のイメージがあるからだそうですが、私は「自宅でも座敷牢じゃないのですか」と問いかけました。同じ境遇の仲間と一緒に楽しみ、姥捨て山で宴会をしているとしたら、それはそれで幸せでしょう。

 犠牲になれる人がいないのであれば、施設もやむなしと私は思います。

 今後、高齢化社会が加速し、こうした問題は多くなるのが目に見えています。それを見越してか、政府は介護にかかる保険金や助成金を少なくするべく「家に帰れ」「施設に入れるな」という方向に向いています。そのため「家で死ぬのが幸せ」という価値観を植え付けようとしているようにも見えますが、これには複雑な事情があります。

 大した病気もない寝たきりの老人を入院させると、かかった医療費より保険点数のほうが低くなる、という保険制度があるため、病院が莫大な赤字を抱えます。つまり政府が福祉にかかるお金を減らそうとしているわけです。病院サイドは「1日8000円程度しか保険が下りない」ために赤字を嫌がって入院させません。しかし、差額ベッドに入れば、喜んで入院させてくれるとおり、病院で手厚い治療を受けて、天寿を全うすることはできます。

 最期まで面倒を見てくれる家族がいればまだしも、1人暮らしで孤独死となる場合は「病院で死なせろ」と、声を大にして国に訴えてもいいと、私は感じます。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!