芸能

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(5)<古尾谷雅人・丑三つの村>未亡人が明かす「30人殺し犯」に魅入られた夫

20161124l

 昭和13年に起きた「津山30人殺し事件」を映画化したのが、古尾谷雅人主演の「丑三つの村」(83年、松竹富士)だ。やがて古尾谷は役柄と同様に非業の最期を遂げる。未亡人の鹿沼絵里が、その“符合”を今、明かす。

 古尾谷が田中登監督と出会ったのは「女教師」(77年、日活)で、その頃から監督は、いつか古尾谷と凶気をはらんだ作品を撮りたいと思っていたみたい。

 あの映画は、私の妊娠と同時に撮影が始まり、長男の出産と同時に公開されたんです。あんなに人を殺す映画が正月に公開されたというのも、あの時代だからでしょうね。

 古尾谷はあの役に対し、最初から最後まで自分を重ね合わせていたように思います。村一番の秀才と言われた青年が、肺結核になったことをきっかけに村人から疎外され、やがて大量殺人をする。古尾谷も母親に捨てられたような過去があって、役のこととはいえ、どこかで血が騒いでいたんでしょう。

 実際、撮影が終わって帰って来ると「今日は何人、殺(や)ってやったぜ」と満足そうに笑っている。私にしてみたら、おなかに赤ちゃんがいるのに、物騒な話はやめてと思ったけど、彼にとってはあの現場が青春そのものだったんでしょうね。

──

 本作では五月みどり、池波志乃、田中美佐子、大場久美子と豪華な女優陣が共演し、それぞれが濃厚なエロスを見せている。だが今現在、この映画について語る女優は皆無である。

──

 女優さんたちが語りたがらないのは無理もないと思います。例えば大場久美子さんは、最後に古尾谷が口にピストルをくわえさせえ発砲するんです。

 そのシーンを撮った日に、古尾谷は「大場さんの口の中をケガさせてしまった」と言っていました。古尾谷は、どこか本気で「殺してやる」くらいの気持ちで演じていますから、女優さんたちがトラウマになってもしかたないですね。

 映画は公開直前に、映倫から「全編が非道で残虐的」と判断され、成人指定に変更されました。そのことについて古尾谷はショックな感じはなく、むしろ、いい宣伝くらいに捉えていたように思います。監督の田中登さんは、もともとロマンポルノで活躍した人だから、その扱いでも慣れたものでしょうし。

 今年は古尾谷の十三回忌になり、久しぶりにこの映画を観なおしてみました。ラストに大量殺人を終え、丘に登って「皆様方よ、今に見ておれでございますよ」とつぶやいて、改造銃をくわえて自決する。あのセリフをあらためて聞くと、古尾谷は「ああ、呼ばれちゃったな‥‥」と思うくらい、彼そのものの言葉でした。

 古尾谷は亡くなる前、この映画を自分が監督としてリメイクしたい。主演には長男を起用したいといつも言っていました。それがかなわぬままになりましたが、最近になって長男が「オヤジの監督でやってみたかったな」と言うんです。不思議な、だけど魅力にあふれた映画だったんでしょうね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
蛍原も興奮!納言・薄幸“隠れ爆裂バスト”と“やさぐれキャラ”の大ギャップ
2
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?
3
橋本環奈、「ハト胸」説を一蹴する艶ショット公開で“アンチ”も降参!?
4
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
5
宇垣美里、インナーがずり落ちて…ユルユル胸元から覗いた圧巻「Gカップ」