芸能

「のん」主演アニメ映画が10位発進も観客数は「君の名は。」2倍の大ヒット!?

20161116nonen

 能年玲奈から改名した“のん”がヒロインの声を務めるアニメ映画「この世界の片隅に」が11月12日に公開され、週末の興行収入ランキングで10位に入った。ロングランを続ける「君の名は。」や話題作「デスノート」に及ばないのはともかく、杏の初主演映画「オケ老人!」にも負けるなど、ネットでは「これでのん終わった」という評判も少なくない。だが映画ライターはそんな批判を的外れだと指摘する。

「同作品は大手映画会社の配給ではなく、独立系の映画館を中心に全国63スクリーンのみの上映ながら、ベストテンに入ったのですからむしろ驚きです。直近の数字を『君の名は。』や『デスノート』と比べると、供給座席数は10対7対1と大差がついていますが、販売数では5対2対1と、その差は大きく縮まります。スクリーン単位で見れば『君の名は。』の2倍、『デスノート』の3倍以上も客が入っている計算で、大入り盛況と言っていいでしょう」

 しかも同作品は「ぴあ映画初日満足度ランキング」にて堂々の1位に立っており、評判は相当いいようだ。このタイミングに合わせたのか、のんは女性誌のインタビューやマンガ誌のグラビアに相次いで登場。極めつけは、創作あーちすととして描いたオリジナルキャラクター「黄色いワンピースのワルイちゃん」のグッズが11月20日から原宿と銀座で先行発売され、先着100名がのんとの「ハイタッチ会」に参加できることも決定したことだ。そんなのんの動向を芸能ライターが推測する。

「彼女は今回の映画『この世界の片隅に』を最大限に活用しているようですね。舞台挨拶にも相次いで出席していますが、改名後には人前に出る仕事が東北地方に限られていたため、ファンの熱狂度は高いようです。同作品の人気が『君の名は。』のように爆発すれば、のんに対して静観を決め込んできたメディアも無視できなくなるはず。年末にかけてのんを見る機会が増えることになりそうです」

 考えてみれば、能年玲奈の人気が爆発したのはNHK連続テレビ小説「あまちゃん」がキッカケだった。そして今回、のん人気が「この世界の片隅に」で爆発するようなら、彼女は作品に恵まれる星の元に生まれたのかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
新庄剛志監督の期待値が下がる日本ハム・清宮幸太郎の今オフ「トレードか現役ドラフト」移籍話
5
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」