芸能

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(6)<映画篇>酒井法子の初濡れ場「空蝉の森」は倒産で公開中止

20161124m

 不特定多数が視聴できるテレビに比べれば、客層を選ぶ映画は本来、クレームとは最も遠い位置にある。それでも、やはり事故は起こってしまうもの…。

 映画界において、鬼門とされるのが故・三島由紀夫氏の名前だ。自身が製作・監督・主演を務めた「憂国」(66年、ATG)は、興行的にも大ヒット。ただし、三島氏の最期と同じく割腹シーンがあるため、未亡人がフィルムの焼却を要請している。

 公開から40年後にようやくDVD化されたが、美輪(当時は丸山)明宏と共演した「黒蜥蜴」(68年、松竹)は今もソフト化が禁止の状態。また、その生涯を緒形拳主演で描いた「mishima」(84年、ルーカスフィルム)は、少年期の自慰シーンなどが遺族の怒りを買い、日本では公開もされないままだ。

 さて「大群獣ネズラ」(大映)と聞いても、誰もピンとこないはず。それもそのはずで、64年の公開を目指したものの、撮影に着ぐるみではなく本物のネズミをかき集めた。これにノミやダニが大量発生し、保健所の警告もあって撮影が中止になった。

 大映の怪獣映画第1作は、代わりに「大怪獣ガメラ」(65年)が務めている。

 同じ特撮で言えば、秘中の秘と呼べるのが「ノストラダムスの大予言」(74年、東宝)だ。五島勉の大ベストセラーを原作に、公開当初は「文部省推薦作」のお墨付きまでついていた。

 それが公開直後にさる反核団体の抗議を受け、該当個所を削除。今なおテレビ放映もソフト化もされないが、禁断の場面を、当時鑑賞した記憶としてここに列記すれば、

〈木の上で「どんぐりころころ」を歌う気がフレた開発大臣〉

〈死の灰の影響で人を食うようになった南洋の原住民〉

〈核戦争後の世界に登場する軟体人間〉

〈人口抑制のため、弱き者や能力なき者は消えてもらうと、とんでもない演説をする丹波哲郎〉

 ‥‥これでも、ほんの一例であることを補足しておく。

 そして80年代、中森明菜と近藤真彦というゴールデンカップルの主演で話題になったのが「愛・旅立ち」(85年、フィルムリンクインターナショナル)だ。興行収入11億円の成績を収めたが、公開から4年後に明菜がマッチ宅で自殺未遂事件を起こす。1度はVHS化されたが、DVDになる日は永遠にやって来ないようだ。

 スキャンダルメーカーなら酒井法子も負けてはいない。09年の覚醒剤事件から5年後、14年に公開予定だったのが「空蝉の森」(アルゴ・ピクチャーズ配給)だった。かなり大胆な濡れ場もあるとアナウンスされ、のりピーの「ハダカになって出直し」が期待されたが‥‥なんと、あろうことか制作会社が公開を待たずして倒産。

 一説には酒井を起用したことでスポンサーが集まらなかったとも言われているが、いつの日か公開されることを祈りたい。

 最後は、あの戸塚ヨットスクールを伊東四朗主演で描いた「スパルタの海」(83年、東宝東和)だ。映画化自体が無謀と言われたが、1億円の予算をかけて無事にクランクアップ。

 だが、公開を間近に控えたところで、戸塚宏校長らが傷害致死などで逮捕される最悪の事態に。当然、公開は見送られたが、12年にようやくDVD化。その推薦文は、石原慎太郎氏が書いている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…