政治

小池百合子 意外に早い「賞味期限切れ」で壮絶手のひら返しが始まった!(1)各方面から懐疑的な目が…

20161215l1st

 次々と「改革案」を打ち出し、一躍、時の人になった小池百合子都知事(64)。それが一転、手腕に疑問符が付くや「賞味期限」が切れ、壮絶な手のひら返しが始まった! 風見鶏がバッコする政界の暗部をえぐり出す。

 11月29日、東京五輪の会場見直し問題で東京都、政府、組織委員会、IOCの4者トップ級会談が開かれた。フルオープンで行われた会談では、「犬猿の仲」で知られる小池氏と大会組織委員会の森喜朗会長(79)との舌戦バトルが展開。バレーボール会場について小池氏が、

「有明アリーナと横浜アリーナに関してはクリスマスまでに結論を出したい」

 と先送りを訴えると、森氏はあきれた口調で切り返す。

「あのねぇ小池さん、今日の時点で結論を出せないということだよね。クリスマスまで何をやるの?」

 と畳みかけ、さらに、

「僕の知りうる話では、横浜のほうが迷惑している、と聞いている」

 などと、追及の手を緩めることもなくボディブローを連打。これに小池氏は、

「(横浜には)歓迎してもらっている」

 と返すのが精いっぱいだった。取材をしていた都政担当記者はこう話す。

「会談終了後、囲み取材に応じた森会長は饒舌でした。昔から囲みの時間が長いほど機嫌がいいのが特徴。この日はなかなか帰ろうとせず、何でも聞いてくれって感じでしたね」

 ボート・カヌー会場と水泳会場はコスト削減の方針で決まったが、小池氏が熱望していた会場変更は通らず、「横浜案」も実現しなければ3戦全敗になる。

 売られたケンカを買って返り討ちにした形の森氏だが、会場見直し問題で批判のホコ先を向けられた時点で、この大逆襲を予告していたという。

「『半年たったら(小池氏の)ボロが出るから』と不敵な表情でした。すでにクリスマスまで待たなくても、バレーボール会場の結果は見えているようです」(自民党関係者)

 就任当初は歓迎していた都庁職員と小池氏との間にも、すきま風が吹き始めた。

「小池さんは職員と都議会のドン・内田茂都議(77)の距離が近いと思っていて、まったく信用しておらず、都政改革本部の調査チームと一緒にいることが多い。競技場の先延ばしも職員は知らされていなかったんです」(前出・都政担当記者)

 “小池離れ”は都庁だけでは収まらなかった。「小池劇場」を連日、好意的に取り上げてきたワイドショーにも変化が見られる。

「豊洲移転問題を先送りにしたあたりで、小池氏に対する視聴者からの懐疑的な意見が増えてきた。今までは数字が取れるので、話題がなくても小池特集を組みましたが、最近は米次期大統領のドナルド・トランプ氏(70)や韓国の朴槿恵大統領(64)の退陣問題を放送したほうが視聴者の食いつきはいいですね」(民放番組スタッフ)

 大山鳴動して鼠一匹な展開で、視聴者である一般有権者は早くも小池氏に飽きてしまったようである。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え