芸能

完璧なセンス!乃木坂46生駒里奈、ルックスや言動以上に成長した部分とは?

20161215nogizaka

 デビュー当初はあれだけ幼かったのに、今ではすっかり言動も見た目も大人っぽくなったと言われる乃木坂46の生駒里奈。

 デビューシングルから5thシングルまでセンターを務めた生駒は、なぜ自分がセンターなのかということに苦悩した時期もあったようだが、今ではその経験も生きて、事細かい部分にもメンバーに指示を出し、キャプテンの桜井玲香とともにグループを引っ張るまでの存在になった。

 さらに見た目も以前は童顔フェイスが可愛いらしかったが、最近は大人っぽさが際立ち「ぐんぐん綺麗になった」と絶賛されるなど、あらゆる面でデビュー当初とは比べものにならないほどに成長したといえるだろう。

 しかし、生駒が一番成長しているのは言動でもルックスでもなく別のところにあるという。

「やはり、ファッションセンスでしょう。生駒はデビュー当初はスカートを一切履かず、私服はいつも少年ぽい感じでした。番組のファッションチェック企画では“The普通”という評価をされていましたし、楽屋での過ごし方を隠し撮りした企画など、抜き打ちで私服チェックファッションされるような企画では、私服がダサかったとネットで話題になることもありました」(アイドル誌ライター)

 しかし、最近は原宿系っぽい個性的なファッションで“おしゃれなメンバー”として認知されているという。

「12月4日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、『私服コレクション2016冬』と題したメンバーの私服をチェックする企画を放送。『アウトドアデート』というテーマに沿ってメンバーたちが私服をコーディネートして登場し、双子スタイリストの広海・深海がメンバーの私服を採点。白石麻衣や橋本奈々未といった女性誌で専属モデルを務める強者たちを抑え、一番の高評価を得たのがなんと生駒でした。広海・深海からは『ファッション的には完璧』『女性ウケは抜群に良い』と、上級向けのファッションだと絶賛されていました」(前出・アイドル誌ライター)

 ファンも「生駒ちゃん、いつの間にこんなにオシャレになったんだ」「この我が道を行く感じのファッション好き」と、生駒の私服センスの変化に改めて驚く声が上がっていたほどだった。

 アイドルらしい可愛い系やキレイ系コーディネートとは違うが、「どこに行こうが私は自分の着たい服を着る」とは生駒本人。この自信が今の生駒のキラキラぶりを表しているのかもしれない。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?