スポーツ

日ハム斎藤佑樹、V旅行に不参加も「当たり前!」とファンから手厳しい声

20161215saitou

 今季はわずか11試合のみの登板で0勝1敗、防御率は4.56。「ハンカチ王子」旋風も今は昔、苦しすぎるプロ生活を送っている北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手。

 斎藤はリーグ優勝を決めた後に行われたビールかけにひっそりと参加。その際のテレビのインタビューで、「今年は活躍できなかったんで」とコメントしたことで、ネット掲示板には「今年って‥‥毎年活躍できてない」「ビールかけてる暇あったら練習してほしい」など、ファンからの痛烈な批判が書き込まれた。

「斎藤本人もこの世間の声を目の当たりにしてしまったからなのか、日本一を決めた後の優勝パレードでも一人だけ優勝の喜びとは程遠い、険しい表情が印象的でした」(週刊誌記者)

 また、斎藤が優勝パレードでそこまで神妙な顔つきになってしまうのも無理はない、とスポーツ紙記者が説明する。

「11月22日に、北海道・美瑛町での講演に向かう途中、対向車線を走っていた車が雪でスリップして横転するのを目撃。チームメイトの有原航平とともに事故車両の運転手を救出したといういいニュースが報じられましたが、なぜかそこでも『野球以外のことでしか活躍できない』など、気の毒な声が目立っていた。12月12日からチームはハワイへ1週間のV旅行に旅立ったが、斎藤は不参加。練習に取り組んでいるということだが、それに対しても『現状なら当たり前。偉いとは思わない』『また来年の今頃は“今年は活躍できなかった”とか言ってるんだろ』と手厳しい意見が目立つ。今やその一挙手一投足に必ず悪いツッコミが入ってくるほどですから、彼も精神的に相当参っているでしょうね」

 いわば、それだけ大きすぎるほどの期待を背負って入団した存在。大方のファンは来年がラストチャンスと見ているようだが、世間の冷たすぎる反応が、綺麗に手のひら返しされる活躍を祈ろうではないか。

(田中康)

関連記事:4年で3勝でこの金額!日ハム・斎藤佑樹が来季も高給取りを続けられるワケ http://www.asagei.com/excerpt/71101

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」