事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.4(3)コンクリート詰め殺人犯がアサヒ芸能編集部を訪問

2016_60th_l-2

 65年12月4日、午後4時20分ごろ、編集部に「記事のことでお話ししたい」という男の声の電話があった。たまたま応対した平塚記者は、30分後、庄司竜太郎(29・当時)に会った。

 アサヒ芸能1965年12月19日号では、

〈「いずれ近いうちに発覚すると思うが、ぼくは3カ月前(後の調べで4カ月前)に売春婦をしていた女房を殺して、コンクリートで固めてしまった。死体はアパートの押し入れに置いてある」

 男の口から出た言葉は、とてつもない話であった。平塚記者は、自身の耳を疑った〉

 男は、前に勤めていた会社の身分証明書を持ち出し、妻の氏名、本籍までもつけ加えた。

 マユツバな話と編集部では最初そう判断した。彼は明日もう一度訪ねてきて、自首するといい残して帰っていった。しかし、彼は現れなかった。

 翌12月6日、念のため、所轄の愛宕警察署に届け出、確認したところ、彼のいう妻の本籍、氏名、年齢まで一致したのだ。記者たちは裏付け調査に走り、元の勤務先にいた庄司の妻・鶴田由紀子さん(31)の妹に聞いた、ふたりが住んでいた目黒区のアパートに行った。

 愛宕署に連絡し、カギのかかったドアをこじ開けたところ、大きなコンクリートのかたまりがあったのだ。

 それと前後して、庄司は「自首するために」編集部に訪れ、殺人事件の全貌を告白した。そして午後7時前、かけつけた愛宕署員に任意同行された。

 アサヒ芸能1965年12月19日号では、庄司告白の全貌を独占掲載した。

〈ぼくが由紀子と知り合ったのは3年ほど前、当時、由紀子は渋谷のガード下の屋台にいました。いわゆる屋台売春をしていたのです…。由紀子には男はなく、ヒモもいなかったのでズルズルと一緒になったのです(62年5月頃)…。

 ぼくたちは、ほんとの夫婦でした。結婚すれば売春はやめてくれると思ったのです〉

 しかし、庄司が会社から帰り疲れて寝てしまい、目が覚めると由紀子さんはいない、そんな繰り返しだったという。

 庄司はトツトツとした口調で、事件当日の模様を語ってくれた。7月31日、朝早く江ノ島に海水浴に行き、8時頃、目黒のアパートに帰り、ビールを飲みはじめたという。

 由紀子さんは「今日は仕事に出ないから」と約束してくれていたのだが、10時頃「これから行く」と言いはじめた。11時頃「出て行く」と言って暴れ出し、庄司にむしゃぶりついてきた。庄司は由紀子を殴り、思い余って腹巻で首を絞めてしまった、と告白した。

〈殺して2日後、由紀子は腐りはじめました。ぼくはすぐそばの建材店で家庭用の小袋セメントを6個と砂をバケツに4杯買いました。部屋にタライを持ち込み、モルタルを作り、由紀子を緑色の毛布に包み、押し入れにコンクリを流して乗せ、上からさらにモルタルを流してすっぽり固め、まわりを木の板ではりつけたのです。そして、押し入れに安置しました〉

 庄司は由紀子さんの前に花や線香をときどき供えて、この4ヶ月を過ごしてきたという。

〈ぼくは何を書かれてもいいのです。が、由紀子は売春婦というだけで、悪く書かれるに決まっているのです。で、僕は週刊アサヒ芸能を通じて、真相を世間に知ってもらいたいと思ったのです〉

 愛宕署の取調室で記者が庄司と一問一答を試みた際、彼は、

「栃木県の黒磯温泉で睡眠薬を飲んで投身自殺をはかりました。なかなか死ねないものですね」と述懐。かたわらの牧善次巡査部長が、「自殺などもう考えるな、後のことは心配しちゃいけない」と励ましたとき、口端を痙攣させて目が大きくうるみ、はじめて涙を見せた。

カテゴリー: 事件   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合