芸能

欅坂46平手友梨奈、「本格派」ゴスペラーズとの競演にファンは親の心境!?

20161218hirate

 異色すぎるコラボに、ファンはドキドキしながらそのパフォーマンスを見届けた。

 12月14日に放送された音楽特番「2016FNS歌謡祭 第2夜」(フジテレビ系)では11組116名によるアイドル大集結コラボメドレーなど、アイドルファンには見どころ満載の内容が届けられた。

 欅坂46がお姉さんグループである乃木坂46とコラボするなど、ファンにとってはたまらない夢の競演がさまざま見られたわけだが、最もファンの注目を集めたコラボが、欅坂の最年少センターである平手友梨奈とゴスペラーズとの異色の組み合わせ。彼らの代表曲である「ミモザ」のパフォーマンスだった。

「ゴスペラーズといえばハモリのプロ集団ですが、まさか平手がそこまで本格的なアーティストと個人でコラボするとは驚きました。2年前の同番組でゴスペラーズはEXILEのTAKAHIROと同曲を披露し、そのピアノ演奏を乃木坂の中でも歌唱力に定評がある生田絵梨花が担当していましたが、今回は歌い手として平手をコラボ相手に持ってくるとは本人も相当プレッシャーを感じたことでしょう」(アイドル誌ライター)

 緊張やプレッシャーに加え、ゴスペラーズがさすが上手すぎるということもあって、ちょっとだけ音が安定しなかったりと、観ているファンにも緊張感が伝わってくるハラハラドキドキの歌唱にはなったが、平手は歌い終えると、中学生らしい素の笑顔を見せた。

 ファンからも「よく、こんな本格コラボをこなしたよ」「親みたいに観てるこっちもガチガチだったけど、感動した」「俺がその立場だったら現場から逃げ出してたかもしれない」と絶賛の嵐となっている。

「欅坂のデビューシングル『サイレントマジョリティー』のカップリングに平手のソロ歌唱曲『山手線』が収録されていましたが、グループのデビューシングルでメンバーのソロ楽曲が収録されることは、乃木坂はもちろん、AKB48グループでも過去に例がなく、異例の大抜擢でした。そして、今回も注目度の高い音楽特番で先輩たちも経験できていないような舞台を経験できたことは、平手が頭一つ抜けた存在の証明。本人にとっても大きな自信になったでしょうね」(前出・アイドル誌ライター)

 それにしてもデビュー1年目でこの大躍進。今後の活躍からは目が離せそうにない。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス