スポーツ

年忘れ「にっぽんのプロ野球」覆面スクープ座談会(3)ヤクルト・真中監督が不信感を抱いた出来事

20161229f

B ヤクルトはバレンティン(32)の残留が決定した。野手陣の年俸高騰が予想されたこともあって、夏の時点で「3億(今季は推定3億3000万円)以上要求してくるなら切る」とフロントは決めていたが、まさかの現状維持+出来高の単年契約でした。

E 真中満監督(45)は練習態度や守備走塁に頭を悩ませてたから、代わりを欲しがってたよね。それなのに、獲得したかった平田が中日に残留となっても、フロントは外野手補強に乗り出そうとしなかった。

D その裏には、NPBがセ・リーグでの「DH制導入」を本格的に検討し始めたことが背景にあるようです。早ければ18年シーズンとも言われています。そうなると他球団への流出は避けたい。出来高とはいえ、守備・走塁の指数も含まれる契約なので上がり幅も多くはない。フロントとしては万々歳でしょう。

E それが伝えられず、上の姿勢に不信感を抱いた真中監督はシーズン中から、新宿にある行きつけの飲み屋の店主に「今年で辞めたい」とグチを漏らしていたって。その店には、まだ監督だった西武の田辺徳雄氏(50)も通っていて、やっぱり「辞めるかもしれない」とこぼしてたそうだ。

A その西武は居郷肇社長(60)と鈴木葉留彦本部長(65)の権力争いで雰囲気がよろしくない。後藤高志オーナー(67)が球界に疎いため、いいように操作しているように見えます。現場の意見が、オーナーの顔色をうかがう本社の人間によって伝わることはないようです。権力争いしか頭にない。来季、FA権を取得する牧田和久(32)は複数年契約を断りましたが、「言ってもムダですよ」と嘆いてました。

F 来季からは辻発彦監督(58)が指揮を執るけど、早くも選手が戦々恐々だってな。中日の二軍監督時代に、コーチが一線を越えた罵声を浴びせて、選手ともめたことがあったんだけど、辻監督は選手をかばわずに「普通の会社なら、上司にたてついたらいられないよ」と選手たちを一喝したんだ。この一件は西武の選手らも知っていて、どんな政権になるのか、今からビクビクしてるって。

A 西武は主力の不満が相当たまっている。岸孝之(32)は説得に耳を貸すことなく楽天に移籍した。その楽天は、ソフトバンクから戦力外通告を受けた細川亨(36)を推定年俸2000万円と破格の安さで獲得しました。

E 各球団は数字上のデータは持っているけど、細川は選手個人の性格を把握したデータが頭に入っている。初球を振ってくるのか、球種にヤマを張るのか、追い込まれた時の待ち方は‥‥。味方だと非常に頼もしいデータだけど、対戦相手になると一転して脅威になる。西武からソフトバンクに移籍したら、みごとに西武がソフトバンクに勝てなくなったからね。細川はチームメイトを頻繁に飯に誘い、飲み歩いているため、個々の性格を把握してるんだよ。

F それにしても、楽天・梨田昌孝監督(63)の変貌には驚いたな。よくも悪くも堅実で既存戦力の地固めしかしてこなかったのに、今年はベンチで自分の斜め後ろにオコエ瑠偉(19)を立たせて、戦略を聞かせていた。今まででは考えられないことだよ。

C 三木谷浩史オーナー(51)からのFAX指令かもしれないですけどね(笑)。というのも、オーナーは「外国人枠撤廃」にご執心で、NPBに働きかけている。仮に実現したら、楽天のスタメンから日本人がいなくなることもありえますよ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
老化でもう限界!?太川陽介、バス旅で犯した「致命的なミス」とは
2
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(中)相手にもされなかった“大物俳優”
3
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(上)人気下落を生んだ過去の“大本命”
4
加藤綾子が「アナザースカイ」で語れなかった“中3でホストと交際”過去
5
裏で1人でヤッてた!?「テラスハウス」史上最悪の展開にネットが大荒れ!