スポーツ

年忘れ「にっぽんのプロ野球」覆面スクープ座談会(3)ヤクルト・真中監督が不信感を抱いた出来事

20161229f

B ヤクルトはバレンティン(32)の残留が決定した。野手陣の年俸高騰が予想されたこともあって、夏の時点で「3億(今季は推定3億3000万円)以上要求してくるなら切る」とフロントは決めていたが、まさかの現状維持+出来高の単年契約でした。

E 真中満監督(45)は練習態度や守備走塁に頭を悩ませてたから、代わりを欲しがってたよね。それなのに、獲得したかった平田が中日に残留となっても、フロントは外野手補強に乗り出そうとしなかった。

D その裏には、NPBがセ・リーグでの「DH制導入」を本格的に検討し始めたことが背景にあるようです。早ければ18年シーズンとも言われています。そうなると他球団への流出は避けたい。出来高とはいえ、守備・走塁の指数も含まれる契約なので上がり幅も多くはない。フロントとしては万々歳でしょう。

E それが伝えられず、上の姿勢に不信感を抱いた真中監督はシーズン中から、新宿にある行きつけの飲み屋の店主に「今年で辞めたい」とグチを漏らしていたって。その店には、まだ監督だった西武の田辺徳雄氏(50)も通っていて、やっぱり「辞めるかもしれない」とこぼしてたそうだ。

A その西武は居郷肇社長(60)と鈴木葉留彦本部長(65)の権力争いで雰囲気がよろしくない。後藤高志オーナー(67)が球界に疎いため、いいように操作しているように見えます。現場の意見が、オーナーの顔色をうかがう本社の人間によって伝わることはないようです。権力争いしか頭にない。来季、FA権を取得する牧田和久(32)は複数年契約を断りましたが、「言ってもムダですよ」と嘆いてました。

F 来季からは辻発彦監督(58)が指揮を執るけど、早くも選手が戦々恐々だってな。中日の二軍監督時代に、コーチが一線を越えた罵声を浴びせて、選手ともめたことがあったんだけど、辻監督は選手をかばわずに「普通の会社なら、上司にたてついたらいられないよ」と選手たちを一喝したんだ。この一件は西武の選手らも知っていて、どんな政権になるのか、今からビクビクしてるって。

A 西武は主力の不満が相当たまっている。岸孝之(32)は説得に耳を貸すことなく楽天に移籍した。その楽天は、ソフトバンクから戦力外通告を受けた細川亨(36)を推定年俸2000万円と破格の安さで獲得しました。

E 各球団は数字上のデータは持っているけど、細川は選手個人の性格を把握したデータが頭に入っている。初球を振ってくるのか、球種にヤマを張るのか、追い込まれた時の待ち方は‥‥。味方だと非常に頼もしいデータだけど、対戦相手になると一転して脅威になる。西武からソフトバンクに移籍したら、みごとに西武がソフトバンクに勝てなくなったからね。細川はチームメイトを頻繁に飯に誘い、飲み歩いているため、個々の性格を把握してるんだよ。

F それにしても、楽天・梨田昌孝監督(63)の変貌には驚いたな。よくも悪くも堅実で既存戦力の地固めしかしてこなかったのに、今年はベンチで自分の斜め後ろにオコエ瑠偉(19)を立たせて、戦略を聞かせていた。今まででは考えられないことだよ。

C 三木谷浩史オーナー(51)からのFAX指令かもしれないですけどね(笑)。というのも、オーナーは「外国人枠撤廃」にご執心で、NPBに働きかけている。仮に実現したら、楽天のスタメンから日本人がいなくなることもありえますよ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、ボディの“S字ライン”クッキリ急成長に「もう大人のオンナ」大絶賛
2
橋本環奈“Dバスト”がきつくて苦しい!?自ら明かした「肌着事情」
3
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
「こっちも信用しない」!林家三平に円楽が放った「生放送ダメ出し」の痛烈中身