芸能

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.13(3)石原裕次郎がひた隠しにしたある関係

2016_60th_kk

「歌謡界の女王」が死去するのに先立つこと2年、87年に戦後最大の男性人気スターだった石原裕次郎が死去している。同年7月30日号は石原裕次郎がひた隠しにしたある女性との関係を、緊急大特集として掲載している。

〈入院当初、病状は「かぜをこじらせ、微熱が下がらないため大事をとって……」と発表された。が、のちに「肝内胆管炎」と判明し、入院生活は予想以上に長引いた。約二カ月間、まき子夫人や実兄の石原慎太郎氏、石原プロの関係者をのぞいて、ずっと「面会謝絶」の状態が続き、芸能界の一部には重体説も流れた。そんな六月中旬、二人の美女が相次いで、報道陣を避けるように「面会謝絶」の病室を訪れている。京都・祇園の元芸妓で、現在は祇園の高級クラブ「千子」の千子ママである〉(同号)

 芸能人が大好きで、勝新太郎や津川雅彦とも浮名を流し、その当時は二人の「不倫愛」はずっと密かに続いていたらしいとしている。

 病室を訪れたもう一人の美女は高村真穂という銀座で艶名をはせるママ。

〈高村ママは東京生まれで、ファッションモデルからホステスに転じた。彼女はのちに、そのいきさつをこう説明している。

「わたしはたいへんなスピード狂なの。当時、売りに出ていたフォルクスワーゲンを手に入れたい一心からよ」

 そこで、まず銀座の高級クラブ「カルダン」のヘルプとして水商売のスタートを切り、やがて名門クラブ「薊」にスカウトされる。そして次のクラブ「ピロポ」で花形ホステスにのしあがった彼女は昭和五十一年の長者番付で、銀座ホステスのベスト10に入った〉(同号)

 美女の素性を明かし、スーパースターとの交際の全容を明かしている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
2
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
3
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
4
「人気急騰」明日海りお、宝塚ファンから聞こえてきた男役時代の“意外な評判”
5
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”