芸能

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.13(2)戦後最大のスター「美空ひばり」の愛と死

2016_60th_jj

 「歌謡界の女王」美空ひばりも東京ドームでの公演で一度は復活しながら、ついに逝った。89年7月6日号はひばりの大いなる遺産の相続人にスポットを当てて特集している。

〈死去したのは6月24日午前零時28分のこと。間質性肺炎のため、入院先の順天堂大学病院で52年間の生涯を閉じた。これまでの病状を振り返ると、昭和62年4月に持病の腰痛悪化のため福岡市で入院。病名は「左右の大腿骨骨頭壊死」「慢性肝炎」と判明するが、翌63年4月には東京ドームで復活し、不死鳥としてよみがえったのも記憶に新しい。ところが、今年2月に急きょ入院。3月15日には再検査のため、順天堂大学病院に転院。以来、96日間闘病生活で力尽きたのである〉

 とひばりの病歴を振り返り、残していった財産について触れている。

〈まずはなんといってもひばり御殿。東京・目黒区青葉台1丁目にある鉄筋コンクリート造り、4階建ての白亜の豪邸だ。土地の広さは563.14平方メートル。昭和46年7月に購入し現在の家屋は昭和60年1月23日に約3億円かけて新築している〉

 また、89年7月13日号では秘蔵アルバムを一挙に大公開。さらに短期集中連載「『美空ひばり』と『加藤和枝』」が開始される。

 ひばりデビューはちょうどアサヒ芸能の前身『アサヒ芸能新聞』が創刊したのと重なる。以来、取材しつづけてきた蓄積を生かして、生身の女・加藤和枝と、戦後最大のスター・美空ひばりとの間にあった葛藤を描く追悼ドキュメントだった。

 中でも、興行で知り合い、父親のように庇護を与えてくれた山口組・田岡一雄組長との親密ぶりについては、他の追随を許さない内容となった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
3
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
野村周平と共演NGに?市原隼人が松田翔太の結婚式でガチギレ!?