芸能

2016年末場所 輝く!「有名人スキャンダル大賞」(3)押切もえは無邪気な人

20170105_12n3rd

 日経社員が押切もえらのメール盗み見。

 簡単なパスワードだったのかな?

 アイドルのは解読しやすいとか、いいますけど。

 その報道の数日前、押切もえのラジオに俺、ゲストで出てたの。「結婚の話してもいいんですか?」って言ったら、「どうぞ、してください」って。俺に全部しゃべってくれる。ホントに無邪気な人ですよ。普通だったらそんなの、ここで言われると思ったら話さないじゃないですか。

 アサ芸読んでないですよ。

 押切もえが山本周五郎賞にノミネートされて、作家の湊かなえが批判してたんだよ。で、俺が「山本周五郎賞ノミネート、おめでとうございます」「ありがとうございます」「アエラのコラム、ずっと読んでました」「文章書くの好きなんです」と。勘ぐらない、俺のことをね。

 勘ぐらなくていいんです(笑)。

 伊野尾慧が「めざまし」と「あさチャン」の女子アナとザッピング二股。このザッピングっていうの、うまいことつけたね。

 その伊野尾慧を食っていたという、明日花キララもすごい大物食いだよ。明日花キララがアゲマンなんだな。ダルビッシュからジャニーズまで。すごいわ。

 密会先がシンガポールっていうところがね。チンがポールだよ。女子アナの不倫といえば石井希和。ずっと俺たち番組一緒だったからね。

 路上キス、迂闊ですよね。

 石井希和と仲よかったけど、やっぱり気づくんだよ、押切もえと違って「あ、こいつヤバイな」と。

 スキャンダル大賞で話すぞって(笑)。

 昔、サンプラザ中野くんと噂になったな。

 結局、楽天の球団社長と結婚したじゃない。その時もいろいろ相談とかしてたのにパタッとメールがやんで、「あいつヤベえやつだよ」ということになったみたい(笑)。

 最近、サンプラザ中野くんから初めてDMが来て、何かと思ったら、「『PPAP』の便乗したネタをやりました。拡散してください」という内容で。拡散するわけないですよ(笑)。

 そして長谷川豊。9月20日放送の「バラ色ダンディ」の中で炎上が話題に上がった時、宇多さんが長谷川に振ったら、自分のブログのタイトルを復唱したの。「自堕落な生活やって人工透析やってるやつなんか全員殺せって言ったら、すごい燃えたんですよ!」って。俺と宇多さんと苫米地さんの3人だけは、まったく笑わなかったの。それで助かってるよ。

 いやでも、自分でも反省してるんだけど、僕はあの時、彼に「言い方、言い方」と突っ込んじゃった。俺が言いたかったのは、仮に健康保険制度の話を主張したいとしても、「殺せ」なんて言葉を使ったら絶対に通じるわけねえだろう、という意味で「言い方」って言ったわけで、彼の主張に賛同したわけじゃない。でも、「言い方の問題かよ」「笑いに着地させてるじゃねえか」ということで、一部では完全に同罪として拡散されてた。その点では、俺もちょっと脇甘かったなと反省する一件でございまして。

 ああいうやっかいな人と共演する以上、いろいろ考えなきゃいけなかった。

 長谷川さんのおいしいように着地させてあげようなんて思った俺が間違いだった。

<座談会参加者>

宇:宇多丸(RHYMESTER) 吉:吉田豪 水:水道橋博士(浅草キッド) 玉:玉袋筋太郎(浅草キッド)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!