芸能

「ボイン」誕生50周年!あの「癒しのバスト」に会いたい!(5)<直撃4>ホーン・ユキ

20170105_12cc

 B90・W60・H90のグラマラスボディから、元祖“和製マリリン・モンロー”として70年代に愛されたホーン・ユキ(66)。今だから言える“ボイン秘話〞とは?

 当時、自分がグラマーだと思ったことはないですよ。ただ太っていただけ(笑)。でも、30歳で長男を出産した時は自分でもさすがにビックリしました。母乳でパンパンになった胸の大きさを見て、産院の先生に「ドッジボールみたいだね!」と大笑いされたくらいです。

 次男出産後は、大きさは落ち着いてきたものの母乳は大量に出ていました。そんな時、時代劇のオファーをいただき、スタジオも家に近く、収録も数時間とのことでお受けしました。

 内容は、露口茂さんとの濡れ場。肌襦袢1枚で出番を待っていると、どんどん時間が押していって、ついには胸がパンパンに。そして許容量を超えたのか、おっぱいがあふれてきちゃったんです。

 襦袢も、借りたタオルも、露口さんと入っていた布団もビッショビショ(笑)。スタジオはおっぱい臭が充満して、みんなで「こんなにおっぱいくさいスタジオは初めて!」と笑いながら演じましたね。

──

 すでに専業主婦として女優業をセーブしていた彼女が、子供たちを“友人”に預けて挑んだ仕事だった。その友人とはなんと、79年に結婚するや「不倫略奪婚」と騒がれた当時の夫・入川保則の前妻だったという。

──

 実際は、不倫する間もなかったんです。結婚願望が強かった28歳の頃、誰かれかまわず「お嫁さんにして」と軽口を叩いていて、同じことを入川さんに言うとその翌日に彼、家を出て来ちゃったんです。前妻さんとはすぐ離婚が成立し、「返さないでよ」と言われました(笑)。私も責任を感じましたし、家族の反対を押し切り、駆け落ち同然で結婚。落ち着いた頃に週刊誌がやって来たんです。

 だから先妻さんとの関係は良好。私と長男、入川さん、先妻さんとその子供2人で、「オールスター家族対抗歌合戦」(フジテレビ系)に出演したこともあります。

 そんなふうに、純粋な愛情より責任感が勝った結婚でしたから、悩みも多かったですね。結婚当初、若い女の子を家に連れて来たりしてたんですよ。私が怒ると、「何で怒るんだ? 俺がいかに外でモテているか見せたいだけなのに」と、悪びれずに言うような男性ですから(笑)。

 さらに、阪神・淡路大震災の被災や義母の介護、子供たちの学校の問題から夫婦ゲンカに発展することも多くなり、83年に離婚しましたが、子供たちは明るく元気なので、親はダメでも子は育ちますね。それにね、私は今の私が嫌いじゃないんです。今までの経験、全て積み重ねた過去もひっくるめた私が、ね。

 現在は、16年1月にガードマンの仕事を辞めて、8月にもそれまで組んでいたユニットを辞めて、1人で定期的にスクリーンライブをやっています。

「風と共に去りぬ」や「ローマの休日」などの映画を流し、ストーリーテラーを担当しつつ、合間に映画に合わせた「愛の讃歌」や「監獄ロック」などを流して、映画の筋に合わせた歌詞に変えて歌っています。

 忙しいけど充実していますよ。80歳までは突っ走りたいですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
3
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”