芸能

永遠の「昭和アイドル」に会いたい!〈芳本美代子〉中山美穂、南野陽子と同期の85年デビュー

 みっちょんの愛称で親しまれた。同期に黄金のアイドルがひしめいていた85年にデビュー。キュートな八重歯が印象的だった芳本美代子(50)のことである。

──85年デビュー組を挙げると、南野陽子、斉藤由貴、本田美奈子、中山美穂、浅香唯、森口博子、井森美幸、そしておニャン子クラブと、まさしく花盛り。

芳本 そうでしたねえ、昭和最後のアイドル時代でしたね。歌番組も多かったですし、楽屋で一緒にいると、やっぱり井森ちゃんは当時からおもしろい子でした(笑)。あと博子ちゃんは福岡でのオーディション番組で一度会ったことがあって、私の5カ月後にデビューした時に感激しましたもん。

──それぞれ息の長い活動を続けていますね。

芳本 他にも、同期だと佐野量子ちゃんや松本典子ちゃんも仲よかったです。

──山口県宇部市から上京した16歳の少女が「白いバスケット・シューズ」でデビュー。以降、ベストテン番組に入るヒット曲も何作かありました。

芳本 正直に言うと、田舎育ちのイモ姉ちゃんがどうなっていくのか、というのが当時のアイドル全般だったと思うんです。スタッフやファンの方に「育ててもらう」という感覚。だから急にきれいになった子に「整形疑惑」が生まれたりしましたが(笑)、成長の過程を見ていたんでしょうね。

──過密スケジュールだったと思いますが、いちばん大変だったのは?

芳本 当時って、シングルが3カ月に1枚は当たり前で、アルバムが半年に1枚。さらに企画物のアルバムも入ってくるので、何が大変かと言ったら歌詞を覚えることですね(笑)。メロディはまあまあすぐに覚えるんですが、あまりのリリースラッシュに歌詞には苦労しました。今、復刻盤のCDを聴くと、レアな曲は「こんなの歌ってたっけ?」と思いますもん(笑)。

──アイドルとして成長していくことで、意識の変化はありましたか?

芳本 やっぱりハタチくらいになるとピアスを開けたりパーマをかけたり、車の免許を取りに行ったりしました。少しずつ自分の殻を破っていく感覚でしたね。

──チャームポイントの八重歯がなくなったのは?

芳本 21歳の時です。舞台に出るようになって、それで発声など考えて抜いたほうがいいなと。ただ、その当時、連ドラに入っていたんですよね。突然、画面のつながりが別の形になってご迷惑をかけました。

──昨年はテレビ特番で28年ぶりにデビュー曲を披露。そして秋にはイベントが控えているとか。

芳本 私のデビュー35周年を記念して、10月16日から「秋声のリフレイン」という舞台をやります。これからいい形に作っていければいいなと思います。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3メートル近い大刀を振り回した体重250キロの巨漢武将「織田・徳川連合軍との激戦」
2
巨人阿部監督「宮崎キャンプ」でファンへの塩対応
3
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
4
スタンフォード大学入りする佐々木麟太郎が目指すのは大谷翔平ではなくあの「世界No.1ゴルファー」
5
宇都宮ライトレール「快速運転開始」で聞こえる「住みたい街ランキング4位」宇都宮市の高笑い