社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「目の疲れは温めるべきか冷やすべきか。『痛みをごまかす』アイシングは無意味」

20170105_12e

 ここ数年、パソコンによる目の疲れを訴える人が増えています。仕事で一日中パソコンに向かっている人もおり、長時間同じ姿勢を取り続ける疲労は「現代の職業病」と言えるでしょう。

 中でも「目の疲れ」には、目の周囲の筋肉疲労と、眼球ではない顔の筋肉の疲れがあります。読書は活字を追いかけるように目を動かしますが、パソコンの場合、スクロールするため視線がさほど動きません。長時間1点集中ということもあり、眼球をほとんど動かさないことが「目の筋肉の疲労」を呼び起こします。

 時には仕事を止めて目を休ませることが肝心です。目の上にタオルを乗せるのは一つの手ですが、その際、タオルはホットかコールドのどちらでしょう。

 目に限らず、筋肉の疲れは血流をよくすれば疲れは早く取れますので、冷やすのではなく温めてください。肉体労働の方がお風呂で疲れを癒やすとおり、筋肉疲労回復の基本は温めることです。野球の投手は登板後に「アイシング」として肩を冷やしましたが、これは登板後に肩や肘が炎症を起こすため、炎症を抑えるのが目的でした。言ってみれば「痛みをごまかす」ようなものです。目の疲れも同じで、熱くない程度のタオルを乗せて休憩してください。適度に目を離して目の体操をしたり、紙仕事を挟んでパソコン作業に戻ってもいいでしょう。

 人間の体は「均一に疲れる」と苦しくありません。一日中遊びまくり筋肉が疲れると気持ちよく寝れますが、片手で物を押さえるなどふだん取らない姿勢を1時間続けると、筋肉痛の原因となります。これはバランスの悪さに起因する疲れで、目の場合も「同じ姿勢」をなるべく続けないことです。SEやCADなどの職種ではマウスだけを使う人も少なくありませんが、キーボードを使うと指先が動き視線もばらつくのでバランスがよくなります。

 昔から「緑を見ると目にいい」「夜空の星を見るといい」などと言われましたが、緑色や星空が目にいいのではなく、たまに遠くを見ると目がピントの調節から外れてリラックスするわけです。長時間、至近距離を眺めている人は、たまに遠くを見てください。

 また、パソコン画面から発光される可視光線の中でもブルーライトは光が強く、目の網膜にまで届いて角膜障害の原因にもなります。最近のスマホにはブルーを抑えてオレンジ色にするナイトボードもあり、これらを併用するなど疲れないくふうをすることです。

 目が渇くドライアイもパソコンによる目の疲れです。長時間見続けて瞬きが減り、目の表面が乾燥してしまいます。この時にコンタクトレンズを使っているとなおさらです。画面も明るすぎると目の疲れを引き起こすので、明るさを落とすのも一つの方法です。

 まぶたがぴくぴくと痙攣する「眼瞼痙攣」もパソコン疲労の一種です。これは眼輪筋という目の周辺の筋肉がこむら返りのように痙攣する「ミオキミア」という病気で、目の周辺を温めると症状も和らぎます。痙攣が出たら「使いすぎてタイマーが鳴っている」と考え、目を休ませてください。

 いちばんよくないのは「パソコンの家来」になることです。パソコンを机に置き、自分がそこに合わせてしまうと、目だけではなく腰や肩にも負担がかかります。特に背中を丸めると肺や胃が小さくなり、逆流性食道炎や肺の肝機能障害の要因にもなります。毎日パソコンを使う場合、机や椅子の高さを「自分の体に合わせて仕事しやすい環境を作る」ことが肝心です。その点、テーブルを上げた状態の「立ちパソコン」は姿勢を悪くしない好環境と言えます。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
奇跡の縦スジが!?新垣結衣「開脚アクシデント」にファン大興奮
2
櫻井翔、「嵐にしやがれ」新企画で懸念される肉体の“激ヤバ変化”!
3
内田理央、「おっさんずラブ」で見せた同性から嫌われない“パセリ女優力”
4
6年間で3安打、木口亜矢の年下夫がオリックスを解雇されるも「あまりに妥当」
5
カンヌも総勃ち!?「万引き家族」松岡茉優の“胸出し”シーンが絶賛の嵐