芸能

妻夫木聡から「愛している」のメールが!満島ひかりの爆弾発言に報道陣が騒然

20170124mitsushima

 1月22日、妻夫木聡の主演映画「愚行録」のジャパンプレミアが行われた。共演の満島ひかりらメインキャストが登壇、舞台あいさつを行った。

 妻夫木は同映画で妹役を演じるなど共演経験の多い満島を慣れた調子で「ひかりちゃん」と呼んで親密さをアピール。満島へのコメントを求められると、「兄妹役も初めてではなかったので、最初から(何も)まとわなくてもいいものが2人にはある。お互いの中にがっちりとつかまれている何かがあるんですね」と他人が入り込めない関係をにおわせた。

 一方で満島は、同映画の石川慶監督との初仕事に不安を感じて妻夫木に相談したそうで、「不安もあるけど、なんか面白い感じがするから頑張ります。愛してるよ!」とメールしたところ、妻夫木からは「愛してるよ!」と返ってきたことまで白状。そんな満島の爆弾発言に妻夫木は焦る様子もなく、「大丈夫だよ」と笑顔で返す大人の対応を見せ、集まった報道陣をざわつかせた。映画ライターが言う。

「この日、登壇者の中で注目を集めていたのは妻夫木ではなく、1月14日にロックバンドOKAMOTO’Sのドラマー・オカモトレイジと電撃結婚した臼田あさ美でした。結婚後初の公の場だったため、取材陣が殺到しましたが、臼田は口を開かずじまい。翌日のスポーツ紙の扱いが小さくなることを危惧した妻夫木が大ウケするネタを提供しようと、一計を案じたのでしょう。狙いはまんまと当たり、各紙の見出しに『愛してるよ!』のくだりが使われ、大きな扱いとなりました」

 妻夫木はドラマ共演で知り合ったマイコと、4年越しの交際を経て昨夏にゴールイン。もっか、新婚生活真っ最中だ。一方の満島は、石井裕也監督と結婚するも、離婚。瑛太の弟・永山絢斗との親密交際が続いている。永山とは不貞、略奪愛の末の熱愛と伝えられており、今や「恋多き女」と呼ばれるまでに。

「優香、柴咲コウ、深津絵里ら女優キラーだった妻夫木も結婚してようやく落ち着いた。尻に敷かれているともっぱらで、賢妻の目を盗んでの不貞はまず無理でしょうね」(スポーツ紙記者)

 報道陣はすわ不貞か、と色めきたったものの、どうやらこの2人、色っぽい関係ではなさそうだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」