社会

海外でも大注目!「豆類」にダイエット効果が期待できるワケ

20170201mamerui

 健康雑誌でもよく取り上げられる「豆類ダイエット」。タレントの実体験がレポートされてブームにもなったりする。医学的効果を疑問視する向きもあるなか、海の向こうから舞い込んできたニュースが話題になっている。

 発端は「The American Journal of Clinical Nutrition」に掲載された記事だ。カナダ・トロントのSt. Michael’s hospitalで940人の成人について行った臨床試験によれば、他の食品を減らさず、豆類を毎日130グラムほど食べ続けただけで、6週間で体重が340グラム減ったという。この実験を指導したRussell de Souza氏は、誌上でこう述べている。

「今回の実験では体重減少はわずかだったが、食事に豆類を加えるだけで減量に役立ち、減量後のリバウンドも防ぐ可能性がわかった」

 食べないダイエットではなく、食べて痩せられることが期待できるというのだから魅力的である。管理栄養士の中川孝子氏も後押しする。

「豆類にはビタミンB1、ビタミンB2が豊富。ビタミンB1には糖質のエネルギー代謝を促す働きがあり、ビタミンB2は脂肪の燃焼を促す。ダイエット効果は高いと思います」

 そこで思い出されるのが、一時、大ブームを呼んだ「納豆ダイエット」である。さるテレビ番組の「ヤラセ疑惑」でブームは消えたが、効果も消えたわけではない。食文化研究家で西武文理大学講師の永山久夫氏が解説する。

「わが国では古来より、大豆は100歳食、食べる薬とも言われてきました。みずほの国の食文化の基本は、米と大豆と季節ごとのありあわせ料理。この食事は太らないばかりか、成人病も防ぎます。納豆に含まれるナットウキナーゼは血栓を溶かし、血液サラサラ効果を持つので、代謝アップに繋がります。代謝が上がることで、脂肪燃焼を活発化させる。ご飯と納豆は理想的なダイエット食なのです」

 元来、日本人の食生活に豆類は欠かせなかったのだが、今や正月のおせちからも黒豆が消えかかっている。これを機に、豆を見直してみてはどうか。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
まさかのGカップに!浜崎あゆみの胸がV字回復していた
2
上戸彩、「絶対零度」月9で復活も過去に視聴者ブチギレさせた問題場面とは?
3
吉高由里子と広瀬アリス、伊調と吉田…有名男女11組の最新ケンカが暴かれた!
4
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
5
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情