芸能

江角マキコ、「ピンクな小説家」転身説に文学界の反応は真っ二つ

20170210esumi

 1月24日発売の「女性自身」で「不貞」を報じられたタイミングで、芸能界引退を発表した江角マキコ。

 過去に江角自身が投資詐欺の被害を受けた加害者が不貞相手だと報じられ、新年早々の大スキャンダルとなった。

 そんな中、1月下旬に一部ウェブメディアで、芸能界を引退した江角の“ピンクな小説家”転身説が報じられ、出版界で注目を浴びているという。

「江角さんの『小説家転身』の真偽についてはわかりませんが、本当なら文学界として喜ばしい限りですよ」

と語るのは、さる文芸評論家である。

「彼女が18年前に出した『燃えるゴミ』というエッセイ集を読みましたが、テーマ設定が鋭くて、タレント本として括るのがもったいない名作でした。話題性だけでなく実力的にも期待できる逸材ですよ。数々の“変化球”なタレント本を手がけた名物編集者が水面下で交渉しているという話を耳にしますが、実現することを祈りたいですね」

 江角の作家転身を歓迎する声が上がる一方で、否定的な意見も。

「正直、作家デビューは厳しいんじゃないですか。報道によると、江角さんは投資詐欺で捕まった男性に『洗脳』されて共同事業を起こそうとしていたとのことで、今後、彼女がビジネスでトラブルを起こす可能性も想定できます。我々としては避けたい書き手ですね」(文芸誌編集者)

 小説家・江角マキコの誕生なるか。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!