社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「夫でも聞きにくい『更年期』の症状。積極的に医師の診断を受けさせて!」

20170223e

「最近、家にいてもつまらないんです。50歳になるカミさんが更年期障害になって。シャレがきかなくて怒りだしたり、ふさぎがちなので、家の中が暗いんです」

 52歳のサラリーマン男性から、こんな相談を受けました。お酒に走ったり買い物中毒になったりしないだけ安心、とは言うものの、仕事の疲れを癒やしたいのに、奥さんの暗い顔を見るとイヤになる、というわけです。

 女性特有の「更年期障害」とは閉経の前後3年が目安です。女性の平均閉経年齢が50歳なので、47~53歳で該当年齢。おおよそ2年から6年ぐらいです。

 続けて質問をされました。「病院に行かせたほうがいいですか? それとも今のまま、更年期障害が治まるのを待つべきですか?」と。

 更年期障害とは「頭痛、腰痛、不眠、イライラ、動悸、めまい、冷え、汗」などが主な症状ですが、程度としては「毎日ダウンしている」「2~3日不快だったけれど今は大丈夫」など人によって異なります。

 程度の差はあるものの、医者として言うなら「行ったほうが得」です。

 更年期障害とは女性なら誰にでも訪れる症状です。今まであったホルモン(エストロゲンと呼ばれる女性ホルモン)が突然なくなるため、ホルモンバランスが壊れて体調を崩します。

 しかし、4~5年頑張れば必ず治まります。それが証拠に、70歳で更年期障害、という女性にお目にかかったことがありません。医学的には大した病気ではなく、放っておいて治る症状ではあります。

 しかし、今は更年期障害が終わるまでの期間を「楽に過ごす方法」がたくさんあります。

 薬を飲む時間は長くて4年前後。軽くてつらくなければ通院の必要もまったくありませんが、冒頭の男性のように、悩んで我慢するぐらいなら薬でごまかすことができます。

 漢方薬がかなり効きますし、安定剤を使うのもあり。ホルモンを100⇒80⇒60⇒40‥‥と少しずつ減らしていくホルモンのパッチ薬も多数あります。もちろん薬によっては「使用禁止の症状」(乳ガンや子宮内膜症、狭心症、高血圧など)もありますので使用上の注意は読むべきですが、これらに該当しなければ我慢する意味がないのです。

 更年期障害は精神的な要素も大きい症状です。

 簡単に言えば「更年期が始まった。私はもう女じゃない、ダメだ‥‥」と落ち込むパターンが多く見られます。逆に、仕事が忙しかったり借金を抱えて走り回ったりしていると、「それどころじゃない」わけで、そういう女性だと「そういえば、私の更年期障害っていつだったの?」と、終わってから気づいたりします。

 また、まだ女性として輝いている年代に子宮や卵巣の病気にかかり、手術をした結果「ホルモンが突然ゼロになる」ケースで、メンタルに不調を抱える場合がありますので、その際には治療が必要となります。

 もう一つ、隠れ更年期障害というケースもあります。これは子宮を手術で摘出するも卵巣が残っている場合で、女性ホルモンが出ているのに生理がなくなります。生理がないことで更年期障害がいつだかわからず、血液検査でホルモンを調べる必要が出てきます。

 ちなみに、性欲の強弱はホルモンとはあまり関係がないので、閉経後も性行為は可能です。また、男性にも更年期障害がありますが、女性ほど身体に変調はきたしません。定年後に肩書がなくなり、「男として終わった」という精神的な落ち込みを招くのが「男性更年期」の正体と言っていいでしょう。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」