芸能

清水富美加 あの映画でも意欲的な姿勢?「出家」前に目撃された“幸福の素顔”

20170302h

〈本当に社長のことを殺したいって思ったり──〉

 2月17日に法名の千眼美子名義で緊急出版された「全部、言っちゃうね。」(幸福の科学出版)でこうつづり、所属事務所との確執を明かした清水富美加(22)だが、「出家前」の清水を知る関係者たちは、今回の突発騒動を受けて首をかしげるのだった。

 宗教団体「幸福の科学」に出家し、芸能活動を一時中断した清水。教団側は、その理由について、

「性的対象にされるのが嫌で拒否したのに、ブルマーやスクール水着の仕事を入れられた」

 と説明した。08年に芸能界入りした清水は、「ミスマガジン2010」に選ばれ、関連イベントでは初々しいビキニ姿を披露していた。

 冒頭の告白本には当時の心境をこう記している。

〈私が死にたいと言い始めたのは7年くらい前、ちょうど芸能活動を始めて、水着のお仕事をするようになった15歳の頃でした〉

 さらに同書では、16歳の誕生日に、自殺を図ったことも明かしている。

 一方で、彼女をインタビューした経験があるフリーライターはこう話す。

「確かに、水着姿になるグラビアの仕事は苦手だったようですね。というのも、本人は小さな胸にコンプレックスを抱いていて、一時は真剣に豊胸手術まで考えていたと、冗談まじりに話していました」

 しかし、13年に取材した際には、

「今ではやりがいがある。ふっきれた」

 こう語って、グラビア仕事に前向きに取り組む姿勢を見せたという。そんな彼女がヒロイン役で出演したのが同年公開の映画「HK 変態仮面」(ティ・ジョイ)。パンティを頭にかぶるとヒーローに変身する主人公を鈴木亮平(33)が演じたエロコメディだ。

「映画関連の記事でインタビューした時は、『私も変態なので‥‥』と変態仮面への親近感を口にしていました」(映画ライター)

 取材現場では、さらに自身が「匂いフェチ」であることを告白。

「ヘンな匂いなら何でも好き」

 と“変態ぶり”をアピールし、さらに、

「この作品に出会えて本当によかった。私の代表作になると思う」

 こう言って「変態映画」を猛プッシュしていたという。同作品の興行収入は2億円を突破し、公開2年後には続編「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」(16年公開)の撮影がスタートした。映画関係者が撮影現場を振り返る。

「現場で、亮平さんは股間をモッコリさせた際どい衣装を着ていました。しかし、目を背けることなく、『さすが変態!』と大ハシャギ。その亮平さんを相手に、スカートの下にはいたパンティを脱いで手渡すシーンがあったのですが、このノーパン演技もノリノリでこなしていました」

 現場で見せた“幸福の素顔”とは裏腹に、清水は人知れず思い悩んでいたという。前出の著書には、ブルマーを着用する仕事をしたあと、

「死にたいです。なんでこんな身を削ってやってるのかわかりません」

 と、マネージャーに相談した記述もある。それでも仕事をこなさなければいけない状況についても、

〈一秒一秒、やっぱり心が引き裂かれそうでした〉

 と書き表している。

「成人してからはお酒を飲む機会も増えたようで、『日本酒を飲みだすと止まらなくなり、いつもベロベロになることも‥‥』と、清水さんから聞いたことがあります」(前出・映画ライター)

 最終的にすがったのは、「出家」の道だった。清水の信仰活動について、教団側に問い合わせると、

「積極的に精舎(編集部注※教団施設)へ参拝する等、熱心な信者です」(広報局)

 今回の騒動で、撮影中だった映画「泥棒役者」や数々のレギュラー番組を降板した。突然のキャンセルで発生する違約金は「億単位」との報道もある。

「違約金についての話し合いは当分先でしょう。教団側は、まずは清水さんと事務所の契約期間を『2月末まで』とはっきりさせたい。弁護士を通じて交渉を進めています」(芸能関係者)

 いずれにしても、清水の新たな「ノリノリ演技」はしばらく拝めそうにない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性