社会

自衛隊VS韓国軍 「竹島戦争」完全シミュレーション(3)

自衛隊が空と海を制する!

 いや、わざわざ竹島での局地戦を行う必要すらないかもしれない。

 軍事評論家の加藤健二郎氏はこう話す。

「現代の戦争は陸海空全ての兵器を連動して運用することが鍵となります。そういう意味でも、総合的な戦力は日本のほうが有利でしょう。また、竹島のような小さな離島となれば、空と海を制して相手の補給線を断つのが優先されることになります。特に、海自の能力は韓国海軍をはるかに上回っているので、日本は有利に進められるはずです」

 韓国の補給基地となりうるのが、竹島の東92キロに位置する鬱陵島だろう。この2つの島を結ぶ海域を封鎖する必要がある。

 前出・世良氏が話す。

「海域を封鎖するには、潜水艦の能力が必要になる。海自は現在、延命などさせて20隻を保有しています。韓国も同程度の潜水艦を保有していますが、日本に比べて小型の潜水艦ばかりです。しかも、日本の潜水艦は1週間から10日間は潜行し続けられるのに対し、韓国の潜水艦は3日に1度は浮上しなくてはならず、日本の哨戒機が沈めることができる。日本の潜水艦は速力こそ出ないが、補給路を通る艦船を沈めるには潜行能力に優れた日本のほうが有利となるでしょう」

 たとえ、韓国が巡航ミサイルや対艦ハープーンミサイルで攻撃してきても、海自にはイージス艦がある。即座にミサイルを撃ち落とすことが可能なのだ。

「海自は6隻、韓国海軍は3隻のイージス艦を配備しています。数でも日本が上ですが、韓国のイージス艦は『なんちゃってイージス艦』と呼ばれるほど、性能が劣る。日本のほうがイージス艦を導入したのは早く、運用面でも有利です」(前出・世良氏)

 一方、空での戦いには要注意だという。

「韓国が次期主力戦闘機として、すでに20機を配備している『F15K』は、日本の『F15J』よりも性能が上回っています。そういう意味では、用心が必要です。ただし、パイロットの技術は日本のほうが上ですし、空自には早期警戒管制機をすでに配備していて、韓国から戦闘機が飛び立った瞬間に捕捉できる能力があり、十分に叩くことはできます」(前出・世良氏)

 こうして、海戦と空戦に日本が勝利すれば、おのずと竹島への補給路はなくなり、韓国も竹島から撤退せざるをえなくなる。しかし、海自や空自の能力が韓国軍を上回っていることは韓国側も織り込み済みである。

「06年には、韓国の市民団体が日韓の海軍戦力を比較し、シミュレーションした結果、韓国海軍が完敗するとしています。また、韓国のメディアでは、日本の航空戦力に追いつけとばかりに、韓国軍が自衛隊に敗れる可能性を指摘する記事がたびたび出ています」(前出・政治部デスク)

 そのせいか、韓国ではこの9月にも竹島で大規模な韓国海軍海兵隊を中心とした軍事演習を行うとしている。その演習の目的は、竹島を“仮想敵”に奪われた際の奪還だという。

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
2
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
3
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
4
水川あさみと年下イケメン俳優の「同棲交際」、3年以上前から始まっていた!?
5
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?