芸能

西内まりやは完全に蚊帳の外!主演月9ドラマの視聴率がV字回復したワケ

20170309_asagei_nishiuchi

 前週に月9ドラマの史上ワースト記録となる視聴率5.0%を記録した「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ)。3月6日放送の第7話では記録更新も危惧されたものの、フタを開けてみれば6.4%へのV字回復を果たす形となった。ただその決め手となったのは作品の内容ではなく、出演者の人気に頼った緊急企画だったというのである。テレビ誌のライターがささやく。

「第7話では局アナ役のflumpool・山村隆太らが副音声に出演。しかも副音声のMC役はドラマに何の関係もないflumpoolのギター・阪井一生が担当していたのです。もはや視聴率のためには主演の西内まりやには目もくれず、人気バンドのファンに頼るという、フジテレビのなりふり構わぬ様子が伝わってきましたね」

 その副音声では阪井が達者なMCぶりを披露すれば、大阪出身の山村もドラマでは封印している関西弁を随所で披露。この2人は普段のライブでも絶妙な掛け合いを見せており、flumpoolのファンにとって今回の副音声は嬉しいプレゼントになったようだ。

「前週には『奪い愛、冬』(テレビ朝日)でも倉科カナや水野美紀らが副音声に登場し、視聴者を喜ばせていました。しかしこちらは最終回でしたから、副音声で特別感を演出するのもアリでしょう。それに対して『明日婚』のほうは視聴率対策なのは明らか。これではファンも来週以降の副音声に期待してしまいますよ」(前出・テレビ誌ライター)

 もし次週の第8話で副音声を実施しない場合、flumpoolファンに見放されて視聴率が壊滅する可能性もありえる。フジテレビが繰り出した諸刃の剣の行方はどうなるのか、早くも第8話から目が離せなくなってきたのかもしれない。

(白根麻子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性