芸能

「ここにいるよぉ~」「杖ドン」…水野美紀「奪い愛」は流行語大賞ワードが満載

20170309_asagei_mizuno

 フジテレビの「踊る大捜査線」シリーズの婦警役で、一躍スターの仲間入りを果たしたものの、その後TVドラマやCMですっかり姿を見かけなくなっていた水野美紀が再び脚光を浴びている。

「人気放送作家の鈴木おさむが脚本を手掛ける『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)で、大谷亮平演じる夫と恋に落ちる倉科カナとの仲を引き裂く“足の不自由な妻”が話題を呼びました。忘れ物を届けにきた倉科と大谷がキスする瞬間に、隠れていた掃除機入れから現れ、『ここにいるよぉ~』と言って満面の笑みを浮かべるシーンは、ホラー映画さながら。そのモノマネが若い女子の間で流行っているようです。ほかにも『違わないよぉ~』や『杖ドン』などともに流行語大賞の候補ワードが目白押しです」(テレビ誌記者)

 その怪演ぶりを集めた特別動画「森山蘭(水野)名場面集~夫を奪う女は許せない!!~」がユーチューブ「テレ朝チャンネル」で公開されるほどで、HKT48指原莉乃と星野源が「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)でモノマネを披露したことも。水野自身もみずからの怪演を、「この役を引き受けたらCMが来なくなりそうだな。今はお芝居をするのが楽しくて、蘭のようなヒール役は、役者冥利に尽きます」とコメントしている。

 しかしここまで来るには、紆余曲折があった。

「2005年に大手芸能プロダクションから独立して以来、芸能界から干されてしまいドラマやCMの仕事もなくなり、舞台の仕事などをコツコツ続けていました。そんな折、あるパーティーでその社長と再会。水野が詫びを入れ社長の許しを得て以来、一気に仕事が増え、再び表舞台に返り咲きました」(スポーツ紙デスク)

 そして昨年には、俳優でイラストレーター、3歳年下の唐橋充とスピード婚。しかも今年は第一子の出産を控えているという。

 芸能生活30年の水野、干された苦労があったからこそ、“ここにいるよぉ~”なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!