芸能

“抱かれたくないイケメン”パンサー尾形がサンキュー入籍も不貞確率100%?

20160313_asagei_pansar

 3月9日、パンサーの尾形貴弘が交際中の一般女性“あいちゃん”と入籍したことがわかった。

 尾形が持ちギャグである“サンキュー”に掛けてこの日に婚姻届を提出することは、今年の元日にサンケイスポーツが報じている。つまり、報道どおり順調に事が運んだことになる。事前予告による入籍ということで、相手方の両親には「順番が違う」と激怒され、一時は破談になりかけたというのだが、7日にプロポーズをして無事にOKをゲット。交際約3年でみごとにゴールインと相成った。

 しかし、そんな幸せな2人をよそに、世間の反応はちょっと冷めている。

「結婚しても遊び歩いてそう」「不貞確率100%」「すぐに誘惑に負けそう」「新婦の両親も気が気じゃないと思う」など、祝福コメントはほぼ皆無で、尾形の女グセの悪さを指摘するコメントが圧倒的に多かった。

「尾形といえば、遊び人というイメージが先行しています。15年にはあいちゃんとは別の女性といる写真が、週刊誌に掲載されたこともありましたし、ブレイク前には女性をATM代わりにしていたという暴露記事も出ていました。そうしたイメージから、この先も嫌な予感しかしません。本人はゲス不貞については『100%ない。たくさん迷惑をかけてきたから、一生を懸けて守ります』と語っていますが、素直にこの言葉を信じ込まされている人はおそらく、あいちゃんだけでしょう」(週刊誌記者)

 尾形はそれなりにイケメン系ではあるものの、今では“抱かれたくない芸人ランキング”の常連になっていることからも、いかに世間の女性から信用されていないかがわかる。妻のために心を一新するか、「ああ、やっぱり」と世間に言わせるか。さあ、どっち?

(本多ヒロシ)

関連記事:プロのゲス男!パンサー尾形、女をATM代わりにして“ポイ捨て”常習者だった http://www.asagei.com/excerpt/54529

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
石田ゆり子、予想以上に立派な体の部位にファン騒然!完熟ボディの“秘密”か
4
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”
5
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛